第二種電気工事士筆記試験解答・解説【平成25年度下期 問11~20】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「平成25年度下期 問11~20」について解説する。





問11

許容電流から判断して、公称断面積$0.75\mathrm{mm^2}$のゴムコード(絶縁物が天然ゴムの混合物)を使用できる最も消費電力の大きな電熱器具は。

ただし、電熱器具の定格電圧は$100\mathrm{V}$で、周囲温度は$30^\circ\mathrm{C}$以下とする。

イ.$150\mathrm{W}$の電気はんだごて

ロ.$600\mathrm{W}$の電気がま

ハ.$1500\mathrm{W}$の電気湯沸器

ニ.$2000\mathrm{W}$の電気乾燥器

 

解説

断面積$0.75\mathrm{mm^2}$のゴムコード(絶縁物が天然ゴムの混合物)の許容電流は$7\mathrm{A}$である。

 

したがって、消費電力$P=VI=100\times7=700\mathrm{W}$のものまでが使用できることになり、ロの「$600\mathrm{W}$の電気がま」が使用できる最大電力の器具となる。

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問12

三相誘導電動機が周波数$50\mathrm{Hz}$の電源で無負荷運転されている。

この電動機を周波数$60\mathrm{Hz}$の電源で無負荷運転した場合の回転の状態は。

イ.回転速度は変化しない。

ロ.回転しない。

ハ.回転速度が減少する。

ニ.回転速度が増加する。

 

解説

三相かご形誘導電動機の回転速度$N[\mathrm{min^{-1}}]$は、周波数を$f[\mathrm{Hz}]$,極数を$p$とすると、$\displaystyle{N=120f/p}$で表わされる。

上式より、回転速度$N$は周波数$f$に比例する。

電源の周波数が$50\mathrm{Hz}$から$60\mathrm{Hz}$に変わると、回転数は増加する

よって「ニ」が正解となる。

 

類題

 

問13

アウトレットボックス(金属製)の使用方法として、不適切なものは。

イ.金属管工事で電線の引き入れを容易にするのに用いる。

ロ.配線用遮断器を集合して設置するのに用いる。

ハ.金属管工事で電線相互を接続する部分に用いる。

ニ.照明器具などを取り付ける部分で電線を引き出す場合に用いる。

 

解説

アウトレットボックス(金属製)は、金属管工事においても含め、電灯・コンセントの取付、電線の接続場所として使用する。

配線用遮断器を集合して設置するのは分電盤である。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問14

金属管(鋼製電線管)工事で切断及び曲げ作業に使用する工具の組合せとして、適切なものは。

イ.やすり 金切りのこ パイプベンダ

ロ.リーマ パイプレンチ トーチランプ

ハ.リーマ 金切りのこ トーチランプ

ニ.やすり パイプレンチ パイプベンダ

 

解説

金属管工事で切断に使用する工具は金切りのこである。

そして、その切断面はやすりで仕上げ、曲げにはパイプベンダを用いる。

 

なお、トーチランプは、合成樹脂管(硬質塩化ビニル電線管)を炎で熱して曲げる工具であるので、適切ではない。

また、パイプレンチは、金属管工事であるがカップリングなどを金属管に付ける際、管を回すときに使用するものである。

 

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問15

写真に示す工具の用途は。

 

イ.金属管の切断や、ねじを切る際の固定に用いる。

ロ.コンクリート壁に電線管用の穴をあけるのに用いる。

ハ.電線管に電線を通線するのに用いる。

ニ.硬質塩化ビニル電線管の曲げ加工に用いる。

 

解説

写真で示す工具は、ガストーチランプである。

バーナーの熱で硬質塩化ビニル管(VE管)を曲げるのに使用される。

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

 

問16

写真に示す測定器の名称は。

 

 

イ.絶縁抵抗計

ロ.漏れ電流計

ハ.接地抵抗計

ニ.検相器

 

解説

写真の測定器は絶縁抵抗計(メガー)であり、絶縁抵抗を測定する。

メータ内の$\mathrm{M\Omega}$の記載が特徴である。

 

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

調査中

 

問17

写真に示す器具の用途は。

 

 

イ.蛍光灯の放電を安定させるために用いる。

ロ.電圧を変成するために用いる。

ハ.力率を改善するために用いる。

ニ.手元開閉器として用いる。

 

解説

写真は蛍光灯用安定器である。

放電灯の放電を安定させるために用いる器具で、回路に直列に接続する。

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

調査中

 

問18

写真に示す材料の用途は。

 

(合成樹脂製)

 

イ.フロアダクトが交差する箇所に用いる。

ロ.多数の遮断器を集合して設置するために用いる。

ハ.多数の金属管が集合する箇所に用いる。

ニ.住宅でスイッチやコンセントを取り付けるのに用いる。

 

解説

写真に示す材料は、合成樹脂製のスイッチボックスである。

スイッチやコンセントを取り付けるために使用する。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問19

簡易接触防護措置を施した(人が容易に触れるおそれがない)乾燥した場所に施設する低圧屋内配線工事で、D種接地工事を省略できないものは。

イ.三相3線式$200\mathrm{V}$の合成樹脂管工事に使用する金属製ボックス

ロ.単相$100\mathrm{V}$の埋込形蛍光灯器具の金属部分

ハ.単相$100\mathrm{V}$の電動機の鉄台

ニ.三相3線式$200\mathrm{V}$の金属管工事で、電線を収める管の全長が$10\mathrm{m}$の金属管

 

解説

使用電圧が直流$300\mathrm{V}$または交流対地電圧が$150\mathrm{V}$以下の機械器具に簡易接触防護措置を施すか、または乾燥した場所に施設する場合は、D種接地工事は省略できる。

 

上記を踏まえ、各選択肢について検討すると、次の通り。

  • イは合成樹脂管工事であり、この場合は省略可能である。
  • ロは対地電圧が$150\mathrm{V}$以下であり、省略可能である。
  • ハは対地電圧が$150\mathrm{V}$以下であり、省略可能である。
  • ニは対地電圧が$150\mathrm{V}$を超えるので、この場合は管長が$4\mathrm{m}$以下ならば省略できるが、$10\mathrm{m}$なので省略できない。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

調査中

 

問20

単相$3$線式$100/200\mathrm{V}$屋内配線工事で、不適切な工事方法は。

ただし、使用する電線は$600\mathrm{V}$ビニル絶縁電線、直径$1.6\mathrm{mm}$とする。

イ.同じ径の硬質塩化ビニル電線管(VE)$2$本をTSカップリングで接続した。

ロ.合成樹脂製可とう電線管(PF管)内に、電線の接続点を設けた。

ハ.合成樹脂製可とう電線管(CD管)を直接コンクリートに埋め込んで施設した。

ニ.金属管を点検できない隠ぺい場所で使用した。

 

解説

$100\mathrm{V}$の屋内配線における施設場所についての問題である。

  • ケーブル工事
  • 金属管工事
  • 合成樹脂管工事(CD管を除く)
  • 2種金属可とう電線管工事

の4つは、すべての場所に施工しても問題ない。

 

ロのPF管内で電線の接続点を設けることは禁止されている(解釈158条)。

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

この年度の他の問題

 

電工二種DB

技能試験 2020年度候補問題 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.1 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.2 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題N[…]

 

第二種電気工事士技能試験の練習用セットを販売している「電材館プロ」様より、本サイトの記事を参考に技能試験対策用のオリジナル冊子を作成していただいています。

こちらの技能試験練習セットをご購入の方に無料で配布しておりますので、ぜひチェックしてみてください!