第二種電気工事士筆記試験解答・解説【令和2年度下期(午後) 問11~20】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「令和2年度下期(午後) 問11~20」について解説する。





問11

多数の金属管が集合する場所等で、通線を容易にするために用いられるものは。

イ.分電盤

ロ.プルボックス

ハ.フィクスチュアスタッド

ニ.スイッチボックス

 

解説

プルボックスは、金属管が多数集中する場所に用いるもので、電線を接続したり、電線の引き込みを容易にしたりする。

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問12

絶縁物の最高許容温度が最も高いものは。

イ.$600\mathrm{V}$架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(CV)

ロ.$600\mathrm{V}$二種ビニル絶縁電線(HIV)

ハ.$600\mathrm{V}$ビニル絶縁ビニルシースケーブル丸形(VVR)

ニ.$600\mathrm{V}$ビニル絶縁電線(IV)

 

解説

  • イの$600\mathrm{V}$架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(CV)は、最高許容温度が$90^\circ\mathrm{C}$である。
  • ロの$600\mathrm{V}$二種ビニル絶縁電線(HIV)は、最高許容温度が$75^\circ\mathrm{C}$である。
  • ハの$600\mathrm{V}$ビニル絶縁ビニルシースケーブル丸形(VVR)は、最高許容温度が$60^\circ\mathrm{C}$である。
  • ニの$600\mathrm{V}$ビニル絶縁電線(IV)は、最高許容温度が$60^\circ\mathrm{C}$である。

 

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問13

ねじなし電線管の曲げ加工に使用する工具は。

イ.トーチランプ

ロ.ディスクグラインダ

ハ.パイプレンチ

ニ.パイプベンダ

 

解説

ねじなし電線管ほか金属管の曲げ加工には、パイプベンダを使用する。

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

調査中

 

問14

定格周波数$60\mathrm{Hz}$,極数$4$の低圧三相かご形誘導電動機における回転磁界の同期速度$[\mathrm{min^{-1}}]$は。

イ.$1200$  ロ.$1500$  ハ.$1800$  ニ.$3000$

 

解説

周波数を$f$,誘導電動機の極数を$p$とすると、回転速度$N$を求める式は、

$$N=\frac{120f}{p}$$

 

したがって、問題文の値を代入すると、

$$N=\frac{120f}{p}=\frac{120\times60}{4}=1800$$

 

よって「ハ」が正解となる。

 

類題

 

問15

漏電遮断器に内蔵されている零相変流器の役割は。

イ.不足電圧の検出

ロ.短絡電流の検出

ハ.過電圧の検出

ニ.地絡電流の検出

 

解説

漏電遮断器は、一般に零相変流器で漏れ電流(地絡電流)を検出し、電子回路に伝え、内部の引き外し装置で電路を遮断する。

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

 

問16

写真に示す材料の名称は。

 

 

 

イ.ユニバーサル

ロ.ノーマルベンド

ハ.ベンダ

ニ.カップリング

 

解説

写真はノーマルベンドである。

写真のものはねじなし金属管用で、金属管が直角に曲がる場所に用いる。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問17

写真に示す機器の用途は。

 

 

イ.回路の力率を改善する。

ロ.地絡電流を検出する。

ハ.ネオン放電灯を点灯させる。

ニ.水銀灯の放電を安定させる。

 

解説

写真を確認すると、「$\mu\mathrm{F}$」との表記がある。

「$\mu\mathrm{F}$」は、「マイクロファラド」と読み、コンデンサの容量を示す。

 

したがって、写真の機器は低圧進相コンデンサであり、回路の力率を改善する役割がある。

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問18

写真に示す測定器の名称は。

 

 

イ.周波数計

ロ.検相器

ハ.照度計

ニ.クランプ形電流計

 

解説

写真に示す測定器は照度計であり、照度[lx]を測定するのに用いられる。

よって「ハ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問19

$600\mathrm{V}$ビニル絶縁ビニルシースケーブル平形$1.6\mathrm{mm}$を使用した低圧屋内配線工事で、絶縁電線相互の終端接続部分の絶縁処理として、不適切なものは。

ただし、ビニルテープはJISに定める厚さ約$0.2\mathrm{mm}$のの電気絶縁用ポリ塩化ビニル粘着テープとする。

イ.リングスリーブ(E形)により接続し、接続部分を自己融着性絶縁テープ(厚さ約$0.5\mathrm{mm}$)で半幅以上重ねて1回(2層)巻いた。

ロ.リングスリーブ(E形)により接続し、接続部分を黒色粘着性ポリエチレン絶縁テープ(厚さ約$0.5\mathrm{mm}$)で半幅以上重ねて3回(6層)巻いた。

ハ.リングスリーブ(E形)により接続し、接続部分をビニルテープで半幅以上重ねて3回(6層)巻いた。

ニ.差込形コネクタにより接続し、接続部分をビニルテープで巻かなかった。

 

解説

リングスリーブ接続において、自己融着性絶縁テープ(厚さ約$0.5\mathrm{mm}$)を使用するときは、半幅以上重ねて1回(2層)以上巻き、その上から保護テープを半幅以上重ねて1回以上巻かなければならない。

よって「イ」が不適切である。

 

類題

 

問20

使用電圧$100\mathrm{V}$の屋内配線の施設場所における工事の種類で、適切なものは。

イ.点検できない隠ぺい場所であって、乾燥した場所の金属線び工事

ロ.点検できない隠ぺい場所であって、湿気の多い場所の平形保護層工事

ハ.展開した場所であって、湿気の多い場所のライティングダクト工事

ニ.展開した場所であって、乾燥した場所の金属ダクト工事

 

解説

$100\mathrm{V}$の屋内配線における施設場所についての問題である。

  • 「イ」の金属線ぴ工事は「展開した場所」または「点検できる隠ぺい場所」とした場合に適切となる。
  • 「ロ」の平形保護層工事は「点検できる隠ぺい場所で乾燥した場所」とした場合に適切となる。
  • 「ハ」のライティングダクト工事は「乾燥した場所」とした場合に適切となる。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

この年度の他の問題

 

電工二種DB

技能試験 2021年度候補問題 2021年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.1 2021年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.2 2021年度第二種電気工事士技能試験 候補問題N[…]

 

第二種電気工事士技能試験の練習用セットを販売している「電材館プロ」様より、本サイトの記事を参考に技能試験対策用のオリジナル冊子を作成していただいています。

こちらの技能試験練習セットをご購入の方に無料で配布しておりますので、ぜひチェックしてみてください!