第二種電気工事士筆記試験解答・解説【平成27年度上期 問11~20】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「平成27年度上期 問11~20」について解説する。





問11

プルボックスの主な使用目的は。

イ.多数の金属管が集合する場所等で、電線の引き入れを容易にするために用いる。

ロ.多数の開閉器類を集合して設置するために用いる。

ハ.埋込みの金属管工事で、スイッチやコンセントを取り付けるために用いる。

ニ.天井に比較的重い照明器具を取り付けるために用いる。

 

解説

プルボックスは、金属管が多数集中する場所に用いるもので、電線を接続したり、電線の引き込みを容易にしたりする。

 

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

本記事では、ボックスやがいし、配線材料の種類と用途をまとめる。[afTag id=11282]アウトレットボックス電線相互の接続のために使用されるボックス。配線の分岐や電線の引き出しなどに用いられる。[…]

 

問12

漏電遮断器に内蔵されている零相変流器の役割は。

イ.地絡電流の検出

ロ.短絡電流の検出

ハ.過電圧の検出

ニ.不足電圧の検出

 

解説

漏電遮断器は、一般に零相変流器で漏れ電流(地絡電流)を検出し、電子回路に伝え、内部の引き外し装置で電路を遮断する。

 

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

本記事では、遮断器・開閉器の種類と用途をまとめる。[afTag id=11282]配線用遮断器(MCCB)過電流などの大電流が流れた時に、自動的に電路を遮断する。一般家庭やオフィス、工場など多くの電気設備で使[…]

 

問13

許容電流から判断して、公称断面積$1.25\mathrm{mm^2}$のゴムコード(絶縁物が天然ゴムの混合物)を使用できる最も消費電力の大きな電熱器具は。

ただし、電熱器具の定格電圧は$100\mathrm{V}$で、周囲温度は$30^\circ\mathrm{C}$以下とする。

イ.$600\mathrm{W}$の電気炊飯器

ロ.$1000\mathrm{W}$のオーブントースター

ハ.$1500\mathrm{W}$の電気湯沸器

ニ.$2000\mathrm{W}$の電気乾燥器

 

解説

断面積$1.25\mathrm{mm^2}$のゴムコード(絶縁物が天然ゴムの混合物)の許容電流は$12\mathrm{A}$である。

 

したがって、消費電力$P=VI=100\times12=1200\mathrm{W}$のものまでが使用できることになり、ロの「$1000\mathrm{W}$のオーブントースター」が使用できる最大電力の器具となる。

よって「ロ」が正解となる。

 

問14

点灯管を用いる蛍光灯と比較して、高周波点灯専用形の蛍光灯の特徴として、誤っているものは。

イ.ちらつきが少ない。

ロ.発光効率が高い。

ハ.インバータが使用されている。

ニ.点灯に要する時間が長い。

 

解説

高周波点灯専用形(インバータ形)蛍光灯を、点灯管を用いる蛍光灯と比べた特徴は、次のようになる。

  •  ちらつきが少ない。
  •  発光効率が高い。
  •  点灯に要する時間が短い。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

本記事では、照明器具の種類と用途をまとめる。[afTag id=11282]蛍光灯天井付蛍光灯オフィスや商業施設などでよく使用される照明器具。写真の種類のものは、天井に取り付けるタイプである。&n[…]

 

問15

金属管(鋼製電線管)工事で切断及び曲げ作業に使用する工具の組合せとして、適切なものは。

イ.やすり パイプレンチ パイプベンダ

ロ.リーマ パイプレンチ トーチランプ

ハ.リーマ 金切りのこ トーチランプ

ニ.金切りのこ やすり パイプベンダ

 

解説

金属管工事で切断及び曲げ作業に使用する工具はパイプベンダである。

 

また、トーチランプは、合成樹脂管(硬質塩化ビニル電線管)を炎で熱して曲げる工具である。

パイプレンチは、金属管工事であるがカップリングなどを金属管に付けるときに管を回すときに使用するものである。

これらの入っている選択肢は不適切である。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

 

問16

写真に示す機器の名称は。

 

 

イ.低圧進相コンデンサ

ロ.変流器

ハ.ネオン変圧器

ニ.水銀灯用安定器

 

解説

写真を確認すると、「$\mu\mathrm{F}$」との表記がある。

「$\mu\mathrm{F}$」は、「マイクロファラド」と読み、コンデンサの容量を示す。

 

よって、写真の機器は低圧進相コンデンサであり、「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問17

写真に示す器具の用途は。

 

 

イ.三相回路の相順を調べるのに用いる。

ロ.三相回路の電圧の測定に用いる。

ハ.三相電動機の回転速度の測定に用いる。

ニ.三相電動機の軸受けの温度の測定に用いる。

 

解説

写真は検相器(相回転計、相順器ともいう)である。

三相回路の相順を調べる器具で、計器内にみえる R,S,T の文字が特徴である。

 

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

本記事では、計器の記号、および実際の測定器の種類と用途をまとめる。[afTag id=11282]計器の記号と配置方法計器には動作原理による種類があり、表1のように適用可能な回路や記号が定められている。 […]

 

問18

写真に示す材料の名称は。

 

 

イ.ベンダ

ロ.ユニバーサル

ハ.ノーマルベンド

ニ.カップリング

 

解説

写真はノーマルベンドである。

写真のものはねじなし金属管用で、金属管が直角に曲がる場所に用いる。

 

よって「ハ」が正解となる。

 

関連記事

本記事では、電線管工事で使用する材料の種類と用途をまとめる。[afTag id=11282]合成樹脂製可とう電線管PF管可とう性(曲がる性質)がある合成樹脂製の電線管。屋外の配線工事などでよく使用され、自[…]

 

問19

低圧屋内配線工事で、$600\mathrm{V}$ビニル絶縁電線(軟銅線)をリングスリーブ用圧着工具とリングスリーブ(E形)を用いて終端接続を行った。

接続する電線に適合するリングスリーブの種類と圧着マーク(刻印)の組合せで、不適切なものは。

イ.直径$1.6\mathrm{mm}$ 2本の接続に、小スリーブを使用して圧着マークを「」にした。

ロ.直径$1.6\mathrm{mm}$ 1本と直径$2.0\mathrm{mm}$ 1本の接続に、小スリーブを使用して圧着マークを「」にした。

ハ.直径$1.6\mathrm{mm}$ 4本の接続に、中スリーブを使用して圧着マークを「」にした。

ニ.直径$1.6\mathrm{mm}$ 1本と直径$2.0\mathrm{mm}$ 2本の接続に、中スリーブを使用して圧着マークを「」にした。

 

解説

リングスリーブの選び方についての問題である。

 

リングスリーブによる圧着接続は、電線の太さや本数によってスリーブのサイズや刻印が下記表のように決まっている。

電線の太さ[mm]および本数リングスリーブのサイズ圧着ペンチの刻印
$1.6\times2$本
$1.6\times3~4$本
$2.0\times2$本
$2.0\times1$本$+1.6\times1~2$本
$2.0\times1$本$+1.6\times3~5$本
$2.0×2$本$+1.6\times1~3$本

 

上表より、ハの「直径$1.6\mathrm{mm}$ 4本の接続」には、小スリーブを使用して圧着マークを「小」にするのが適切である。

その他の選択肢は、上表に合っていて適切である。

 

よって「ハ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問20

三相誘導電動機回路の力率を改善するために、低圧進相コンデンサを接続する場合、その接続場所及び接続方法として、最も適切なものは。

イ.主開閉器の電源側に各台数分をまとめて電動機と並列に接続する。

ロ.手元開閉器の負荷側に電動機と並列に接続する。

ハ.手元開閉器の負荷側に電動機と直列に接続する。

ニ.手元開閉器の電源側に電動機と並列に接続する。

 

解説

三相誘導電動機の力率改善用に使用する低圧進相コンデンサは、手元開閉器の負荷側に電動機と並列に接続する。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

この年度の他の問題

 

電工二種DB

技能試験 2020年度候補問題 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.1 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.2 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題N[…]