第二種電気工事士筆記試験解答・解説【令和3年度下期(午前) 問11~20】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「令和3年度下期(午前) 問11~20」について解説する。





問11

金属管工事において使用されるリングレジューサの使用目的は。

イ.アウトレットボックスのノックアウト(打ち抜き穴)の径が、それに接続する金属管の外径より大きいときに使用する。

ロ.金属管相互を直角に接続するときに使用する。

ハ.金属管の管端に取り付け、引き出す電線の被覆を保護するときに使用する。

ニ.両方とも回すことのできない金属管相互を接続するときに使用する。

 

解説

リングレジューサは、アウトレットボックスのノックアウト(打ち抜き穴)の径が、それに接続する金属管の外径より大きいとき、金属管を取り付けるために2枚1組で使用する。

よって、「」が正解となる。

 

類題

調査中

 

問12

許容電流から判断して、公称断面積$1.25\mathrm{mm^2}$のゴムコード(絶縁物が天然ゴムの混合物)を使用できる最も消費電力の大きな電熱器具は。

ただし、電熱器具の定格電圧は$100\mathrm{V}$で、周囲温度は$30^\circ\mathrm{C}$以下とする。

イ.$600\mathrm{W}$の電気炊飯器

ロ.$1000\mathrm{W}$のオーブントースター

ハ.$1500\mathrm{W}$の電気湯沸器

ニ.$2000\mathrm{W}$の電気乾燥器

 

解説

断面積$1.25\mathrm{mm^2}$のゴムコード(絶縁物が天然ゴムの混合物)の許容電流は$12\mathrm{A}$である。

 

したがって、消費電力$P=VI=100\times12=1200\mathrm{W}$のものまでが使用できることになり、ロの「$1000\mathrm{W}$のオーブントースター」が使用できる最大電力の器具となる。

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問13

電気工事の種類と、その工事で使用する工具の組合せとして、適切なものは。

イ.金属管工事 と リーマ

ロ.合成樹脂管工事 と パイプベンダ

ハ.金属線ぴ工事 と ボルトクリッパ

ニ.バスダクト工事 と ガストーチランプ

 

解説

金属管工事において、リーマはクリックボールに取り付けて、金属管内側の面取りをするときに使用される。

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問14

三相誘導電動機の始動電流を小さくするために用いられる方法は。

イ.三相電源の3本の結線を3本とも入れ替える。

ロ.三相電源の3本の結線のうち、いずれか2本を入れ替える。

ハ.コンデンサを取り付ける。

ニ.スターデルタ始動装置を取り付ける。

 

解説

スターデルタ始動とは、電動機をスター($\mathrm{Y}$)結線で始動し、ある程度回転速度が上がったらデルタ($\Delta$)結線に切り替えて起動させる方法である。

スターデルタ始動は、始動電流を$\displaystyle{\frac{1}{3}}$程度に減らすことができるので用いられる。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

類題

 

問15

低圧電路に使用する定格電流が$20\mathrm{A}$の配線用遮断器に$40\mathrm{A}$の電流が継続して流れたとき、この配線用遮断器が自動的に動作しなければならない時間[分]の限度(最大の時間)は。

イ.$1$  ロ.$2$  ハ.$4$  ニ.$60$

 

解説

配線用遮断器は熱や電磁力により過電流を検知する素子が内蔵され、動作後も復帰が可能である。

「電気設備の技術基準の解釈」第33条に定められている配線用遮断器の遮断時間を表に示す。

 

表 配線用遮断器の遮断時間(定格電流の1.0倍で動作しないこと)

定格電流の区分遮断時間
定格電流の$1.25$倍の電流定格電流の$2$倍の電流
$30\mathrm{A}$以下$60$分$2$分
$30\mathrm{A}$を超え$50\mathrm{A}$以下$60$分$4$分
$50\mathrm{A}$を超え$100\mathrm{A}$以下$120$分$6$分

 

上表より、定格電流$20\mathrm{A}$の$2$倍となる$40\mathrm{A}$の電流が継続して流れた場合、配線用遮断器では$2$分以内に動作しなければならない。

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

 

問16

写真に示す材料の用途は。

 

イ.硬質ポリ塩化ビニル電線管(硬質塩化ビニル電線管)相互を接続するのに用いる。

ロ.金属管と硬質ポリ塩化ビニル電線管(硬質塩化ビニル電線管)とを接続するのに用いる。

ハ.合成樹脂製可とう電線管相互を接続するのに用いる。

ニ.合成樹脂製可とう電線管とCD管とを接続するのに用いる。

 

解説

写真の材料は、TSカップリングである。

  • イ:「硬質ポリ塩化ビニル電線管(硬質塩化ビニル電線管)」用途に使用される。正しい。
  • ロ:「硬質ポリ塩化ビニル電線管(硬質塩化ビニル電線管)とを接続」するときは「違う種類の電線管を接続する」ときに「コンビネーションカップリング」が使用される。よって、誤り。
  • ハ:「合成樹脂製可とう電線管」を相互に接続するときは、PF管なら「PF管用カップリング」などが使用される。よって、誤り。
  • ニ:「合成樹脂製可とう電線管とCD管の接続」では、それぞれの外経が異なるので、専用の「コンビネーションカップリング」が必要となる。よって、誤り。

 

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問17

写真に示す器具の名称は。

 

イ.キーソケット

ロ.線付防水ソケット

ハ.プルソケット

ニ.ランプレセプタクル

 

解説

写真の器具は線付防水ソケットである。

盆踊りの提灯や工事現場の仮設照明などで使用される。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

調査中

 

問18

写真に示す測定器の名称は。

 

 

イ.接地抵抗計

ロ.漏れ電流計

ハ.絶縁抵抗計

ニ.検相器

 

解説

写真の測定器は絶縁抵抗計(メガー)であり、絶縁抵抗を測定する。

メータ内の$\mathrm{M\Omega}$の記載が特徴である。

 

よって「ハ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問19

低圧屋内配線工事で、$600\mathrm{V}$ビニル絶縁電線(軟銅線)をリングスリーブ用圧着工具とリングスリーブE形を用いて終端接続を行った。

接続する電線に適合するリングスリーブの種類と圧着マーク(刻印)の組合せで、a~ dのうちから不適切なものを全て選んだ組合せとして、 正しいものは。

イ.$\mathrm{a},\ \mathrm{b}$

ロ.$\mathrm{b},\ \mathrm{c}$

ハ.$\mathrm{c},\ \mathrm{d}$

ニ.$\mathrm{a},\ \mathrm{d}$

 

解説

リングスリーブの選び方についての問題である。

 

リングスリーブによる圧着接続は、電線の太さや本数によってスリーブのサイズや刻印が下記表のように決まっている。

電線の太さ[mm]および本数リングスリーブのサイズ圧着ペンチの刻印
$1.6\times2$本
$1.6\times3\sim4$本
$2.0\times2$本
$2.0\times1$本$+1.6\times1\sim2$本
$2.0\times1$本$+1.6\times3\sim5$本
$2.0\times2$本$+1.6\times1\sim3$本

 

上表より、直径$1.6\mathrm{mm}$ 2本と$2.0\mathrm{mm}$ 1本の接続には、小スリーブを使用して圧着マークを「小」にするのが適切である。

また、直径$1.6\mathrm{mm}$ 4本の接続にも、小スリーブを使用して圧着マークを「小」にするのが適切である。

 

よって、誤っているのは表のうち$\mathrm{b},\ \mathrm{c}$であり、「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問20

D種接地工事を省略できないものは。

ただし、電路には定格感度電流$15\mathrm{mA}$,定格動作時間$0.1$秒の電流動作型の漏電遮断器が取り付けられているものとする。

イ.乾燥した場所に施設する三相$200\mathrm{V}$(対地電圧$200\mathrm{V}$)動力配線の電線を収めた長さ$3\mathrm{m}$の金属管。

ロ.乾燥した木製の床の上で取り扱うように施設する三相$200\mathrm{V}$(対地電圧$200\mathrm{V}$)空気圧縮機の金属製外箱部分。

ハ.水気のある場所のコンクリートの床に施設する三相$200\mathrm{V}$(対地電圧$200\mathrm{V}$)誘導電動機の鉄台。

ニ.乾燥した場所に施設する単相$3$線式$100/200\mathrm{V}$(対地電圧$100\mathrm{V}$)配線の電線を収めた長さ$7\mathrm{m}$の金属管。

 

解説

電技解釈第29条において、接地工事が省略できる条件について、以下のように定められている。

  • 対地電圧が$150\mathrm{V}$以下の機器を乾燥した場所に施設する場合。
  • 低圧用の機械器具を絶縁物(乾燥した木製の床など)の上で取り扱う場合。
  • 二重絶縁構造の機械器具を施設する場合。
  • 鉄台や外箱の周囲に絶縁台を設ける場合。
  • 水気がない場所において、電路に漏電遮断器(電気用品安全法の適用を受けた定格感度電流が$15\mathrm{mA}$以下、動作時間が$0.1$秒以下の電流動作型のもの)を施設する場合。
  • 電路の電源側に絶縁変圧器を施設し、機械器具側の電路を非接地とする場合。

 

選択肢のうち、水気のある場所のコンクリートの床への施設であり、漏電遮断器を取り付けても不適切である。

よって「ハ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

この年度の他の問題

 

電工二種DB

技能試験 2021年度候補問題 2021年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.1 2021年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.2 2021年度第二種電気工事士技能試験 候補問題N[…]

 

第二種電気工事士技能試験の練習用セットを販売している「電材館プロ」様より、本サイトの記事を参考に技能試験対策用のオリジナル冊子を作成していただいています。

こちらの技能試験練習セットをご購入の方に無料で配布しておりますので、ぜひチェックしてみてください!