第二種電気工事士筆記試験問題・解説【平成28年度下期 問31~40】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「平成28年度下期 問31~40について解説する。





配線図

図は、鉄骨軽量コンクリート造一部2階建工場の配線図である。

この図に関する次の各聞いには4通りの答え(イ、ロ、ハ、ニ)が書いてある。

それぞれの問いに対して、答えを1つ選びなさい。

 

注意

  1. 屋内配線の工事は,動力回路及び特記のある場合を除き$600\mathrm{V}$ピニル絶縁ビニルシースケーブル平形(VVF)を用いたケーブル工事である。
  2. 屋内配線等の電線の本数、電線の太さ及び1階工場内の照明等の回路、その他、問いに直接関係のない部分等は省略又は簡略化しである。
  3. 漏電遮断器は、定格感度電流$30\mathrm{mA}$,動作時間$0.1$秒以内のものを使用している。
  4. 選択肢(答え)の写真にあるコンセント及び点滅器は、「JIS C 0303:2000 構内電気設備の配線用図記号」で示す「一般形」である。
  5. ジョイントボックスを経由する電線は、すべて接続箇所を設けている。
  6. 3路スイッチの記号「0」の端子には、電源側又は負荷側の電線を結線する。

 

 

問31

問題

①で示す部分の最少電線本数(心線数)は。

ただし、電源からの接地側電線は、スイッチを経由しないで照明器具に配線する。

イ.$3$  ロ.$4$  ハ.$5$  ニ.$6$

 

解説

3路スイッチ及び①⑫⑬箇所を含む回路の複線結線図を示す。

電源や機器を配線図と同じ配置で書いている。

 

 

3路スイッチの部分は、階段の蛍光灯ハより立上り、2階の3路スイッチまで接続される。

図の①で示す部分の最少電線本数(心線数)は$\boldsymbol{3}$である。

よって「イ」が正解となる。

 

問32

問題

②で示す引込口開閉器が省略できる場合の、工場と倉庫との間の電路の長さの最大値$[\mathrm{m}]$は。

イ.$5$  ロ.$10$  ハ.$15$  ニ.$20$

 

解説

②のように離れた倉庫に電線を引込む場合、引込口開閉器が省略できる径間は$\boldsymbol{15\mathrm{m}}$以下である。

接続元の分電盤内のブレーカーⓑには定格$100\mathrm{V},\ 20\mathrm{A}$の過負荷保護付漏電遮断器が設置されており、省略可能である。

 

なお、省略できる条件は下記となる。

  • 使用電圧は$300\mathrm{V}$以下
  • 引込口に近い開閉できる場所に引込開閉器(開閉器と過電流遮断器)を設置。
  • 屋外配線が$15\mathrm{m}$以下。

 

よって「ハ」が正解となる。

 

問33

問題

③で示す部分に使用できる電線は。

イ.引込用ビニル絶縁電線

ロ.架橋ポリエチレン絶縁ピニルシースケーブル

ハ.ゴム絶縁丸打コード

ニ.屋外用ピニル絶縁電線

 

解説

使用できるのは地中埋設配線であり、「CV5.5-2C」と記載されているため、架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブルとなる。

よって「ロ」が正解となる。

 

問34

問題

④で示す図記号の名称は。

イ.ブザー

ロ.パイロットランプ

ハ.電磁開閉器用押しボタン

ニ.握り押しボタン

 

解説

④で示す図記号は、電磁開閉器用押しボタンである。

 

よって「ハ」が正解となる。

 

問35

問題

⑤で示す引込線取付点の地表上の高さの最低値$[\mathrm{m}]$は。

ただし、引込線は道路を横断せず、技術上やむを得ない場合で交通に支障がないものとする。

イ.$2.5$  ロ.$3.0$  ハ.$3.5$  ニ.$4.0$

 

解説

引込線の取付点の高さは 原則$4\mathrm{m}$以上である。

例外として、技術上やむを得ない場合、または交通に支障がないとされるときは、最低高さを$\boldsymbol{2.5\mathrm{m}}$以上とすることができる。

 

よって「イ」が正解となる。

 

 

問36

問題

⑥で示す図記号の名称は。

イ.漏電遮断器(過負荷保護付)

ロ.漏電警報器

ハ.モータブレーカ

ニ.配線用遮断器

 

解説

⑥で示す図記号は、過負荷保護付漏電遮断器である。

 

よって「イ」が正解となる。

 

問37

問題

⑦で示す部分に施設してはならない過電流遮断装置は。

イ.2極にヒューズを取り付けたカバー付ナイフスイッチ

ロ.2極2素子の配線用遮断器

ハ.2極にヒューズを取り付けたカットアウトスイッチ

ニ.2極1素子の配線用遮断器

 

解説

屋外引込$1\phi 3\mathrm{W}\ 100/200\mathrm{V}$で$200\mathrm{V}$用の回路への過電流遮断器であるため、2極2素子でなくてはならない。

$\boldsymbol{200\mathrm{V}}$回路には、2極1素子(2P1E)の配線用遮断器を施設してはならない。

よって「ニ」が正解となる。

 

問38

問題

⑧で示す部分の接地工事の接地抵抗の最大値と、電線(軟銅線)の最小太さとの組合せで、適切なものは。

イ.$300\Omega$ $1.6\mathrm{mm}$

ロ.$300\Omega$ $1.6\mathrm{mm}$

ハ.$500\Omega$ $2.0\mathrm{mm}$

ニ.$600\Omega$ $2.0\mathrm{mm}$

 

解説

⑧で示す部分の接地工事は、三相$200\mathrm{V}2.2\mathrm{kW}$のモータの接地であるため、D 種接地工事となる。

 

また、【注意】③に記載の通り、動作時間$0.1$秒以内の漏電遮断器が施設されているとあるため、接地抵抗値は$100\Omega$以下でなく、$\boldsymbol{500\Omega}$以下にすることができる。

 

なお、電線(軟銅線)の最小太さは直径$\boldsymbol{1.6\mathrm{mm}}$である。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

本記事では、接地工事の種類と工事内容、接地抵抗測定について記載する。[afTag id=11282]接地工事の種類接地工事とは、感電や漏電を防止したり、保護装置などを正常に動作させるために施す工事で、機器接地と系統接地がある[…]

 

問39

問題

⑨で示す部分の電路と大地問の絶縁抵抗として、許容される最小値$[\mathrm{M\Omega}]$は。

イ.$0.1$  ロ.$0.2$  ハ.$0.4$  ニ.$1.0$

 

解説

⑨で示す部分には、三相$200\mathrm{V}3.7\mathrm{kW}$のモータが使用されている。

この部分の電路と大地間の絶縁抵抗値は「使用電圧$300\mathrm{V}$以下、対地電圧$150\mathrm{V}$超過」であるから、$\boldsymbol{0.2\mathrm{M\Omega}}$以上でなければならない。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

本記事では、接地工事の種類と工事内容、接地抵抗測定について記載する。[afTag id=11282]接地工事の種類接地工事とは、感電や漏電を防止したり、保護装置などを正常に動作させるために施す工事で、機器接地と系統接地がある[…]

 

問40

問題

⑩で示すコンセントの極配置(刃受)で、正しいものは。

解説

⑩で示すコンセントは、三相$200\mathrm{V}$用$30\mathrm{A}$の接地極付のコンセントである。

  • イは三相$200\mathrm{V}$用で、接地極なしのコンセントである。
  • ロは三相$\boldsymbol{200\mathrm{V}}$用で、接地極付のコンセントである。
  • ハは三相$200\mathrm{V}$用引掛形で、接地極なしのコンセントである。
  • ニは三相$200\mathrm{V}$用引掛形で、接地極付のコンセントである。

よって「ロ」が正解となる。

 

電工二種DB

技能試験[sitecard subtitle=候補問題一覧 url="https://denki-no-shinzui.com/electrician/examination/"] 令和元年度上期 筆記試験[…]