第二種電気工事士筆記試験問題・解説【平成29年度上期 問21~30】

スポンサーリンク

問21

問題

使用電圧$100\mathrm{V}$の屋内配線の施設場所における工事の種類で、不適切なものは。

イ.点検できない隠ぺい場所であって、乾燥した場所の金属管工事

ロ.点検できない隠ぺい場所であって、湿気の多い場所の合成樹脂管工事(CD管を除く)

ハ.展開した場所であって、湿気の多い場所のケーブル工事

ニ.展開した場所であって、湿気の多い場所のライティングダクト工事

 

解説

電技解釈第156条により、「湿気、水気のある場所」ではライティングダクト工事は施工できない。

よって「ニ」が不適切である。

 

問22

問題

同一敷地内の車庫へ使用電圧$100\mathrm{V}$の電気を供給するための低庄屋側配線部分の工事として、不適切なものは。

イ.$600\mathrm{V}$架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(CV)によるケーブル工事

ロ.硬質塩化ビニル電線管(VE)による合成樹脂管工事

ハ.1種金属製線びによる金属線ぴ工事

ニ.$600\mathrm{V}$ビニル絶縁ビニルシースケーブル丸形(VVR)によるケーブル工事

 

解説

低圧の屋側配線または屋外配線においては、金属線ぴ工事は施工できない。

よって「ハ」は不適切である。

 

問23

問題

D種接地工事の施工方法として、不適切なものは。

イ.ルームエアコンの接地線として,直径$1.6\mathrm{mm}$の軟銅線を使用した。

ロ.単相$100\mathrm{V}$の電動機を水気のある場所に設置し、定格感度電流$30\mathrm{mA}$,動作時間$0.1$秒の電流動作型漏電遮断器を取り付けたので、接地工事を省略した。

ハ.低圧電路に地絡を生じた場合に$0.5$秒以内に自動的に電路を遮断する装置を設置し、接地抵抗値が$300\Omega$であった。

ニ.移動して使用する電気機械器具の金属製外箱の接地線として、多心キャブタイヤケーブルの断面積$0.75\mathrm{mm^2}$の1心を使用した。

 

解説

水気のある場所では、漏電遮断器が取り付けてあってもD種接地工事を省略することはできない。

よって「ロ」が正解となる。

 

問24

問題

低圧電路で使用する測定器とその用途の組合せとして、誤っているものは。

イ.クランプ形電流計と負荷電流の測定

ロ.回路計(テスタ)と導通の確認

ハ.検相器と電動機の回転速度の測定

ニ.検電器と電路の充電の有無の確認

 

解説

検相器は三相交流の相順(相回転)の確認に使用される。

ちなみに、電動機の回転速度の測定には、回転計が使用される。

よって「ハ」は不適切である。

 

問25

問題

低圧屋内配線の絶縁抵抗測定を行いたいが、その電路を停電して測定することが困難なため、漏えい電流により絶縁性能を確認した。

「電気設備の技術基準の解釈」に定める絶縁性能を有していると判断できる漏えい電流の最大値$[\mathrm{mA}]$は。

イ.$0.1$  ロ.$0.2$  ハ.$1.0$  ニ.$2.0$

 

解説

電技解釈第14条により、絶縁抵抗測定が困難な場合は漏えい電流を$\boldsymbol{1.0\mathrm{mA}}$以下に保つこととなっている。

よって「ハ」が正解となる。

 

問26

問題

接地抵抗計(電池式)に関する記述として、誤っているものは。

イ.接地抵抗測定の前には、接地抵抗計の電池容量が正常であることを確認する。

ロ.接地抵抗測定の前には、端子聞を開放して測定し,指示計の零点の調整をする。

ハ.接地抵抗測定の前には、接地極の地電圧が許容値以下であることを確認する。

ニ.接地抵抗測定の前には、補助極を適正な位置に配置することが必要である。

 

解説

電池式の接地抵抗計で接地抵抗を測定するときは以下のことを確認する。

  • 電池容量が正常であること
  • 端子間を短絡して、指示計の零点の調整をすること
  • 地電圧が許容値以下であること
  • 補助極が適正な位置に配置されていること

よって「ロ」の「端子間を開放して測定し、指示計の零点を調整する」は誤りである。

 

問27

問題

図の交流回路は、負荷の電圧・電流・電力を測定する回路である。

図中に$\mathrm{a,\ b,\ c}$で示す計器の組合せとして、正しいものは。

イ.$\mathrm{a}\ $電流計 $\mathrm{b}\ $電圧計 $\mathrm{c}\ $電力計

ロ.$\mathrm{a}\ $電力計 $\mathrm{b}\ $電流計 $\mathrm{c}\ $電圧計

ハ.$\mathrm{a}\ $電圧計 $\mathrm{b}\ $電流計 $\mathrm{c}\ $電力計

ニ.$\mathrm{a}\ $電圧計 $\mathrm{b}\ $電力計 $\mathrm{c}\ $電流計

 

解説

電圧計は負荷と並列に、電流計は負荷と直列に、電力計は負荷と並列・直列に接続する。

よって「ハ」が正解である。

 

問28

問題

電気工事士法に違反しているものは。

イ.電気工事士試験に合格したが、電気工事の作業に従事しないので都道府県知事に免状の交付申請をしなかった。

ロ.電気工事士が電気工事士免状を紛失しないよう、これを営業所に保管したまま電気工事の作業に従事した。

ハ.電気工事士が住所を変更したが、30日以内に都道府県知事にこれを届け出なかった。

ニ.電気工事士が経済産業大臣に届け出をしないで、複数の都道府県で電気工事の作業に従事した。

 

解説

電気工事士法第5条により、電気工事士の作業に従事するときは、電気工事士免状を携帯しなければならない。

よって「ロ」が不適切である。

 

問29

問題

電気工事士法において、一般用電気工作物に係る工事の作業で$\mathrm{a,\ b}$ともに電気工事士でなければ従事できないものは。

イ.$\mathrm{a:}$配電盤を造営材に取り付ける。 $\mathrm{b:}$電線管を曲げる。

ロ.$\mathrm{a:}$地中電線用の管を設置する。 $\mathrm{b:}$定格電圧$240\mathrm{V}$の電力量計を取り付ける。

ハ.$\mathrm{a:}$電線を支持する柱を設置する。  $\mathrm{b:}$電線管に電線を収める。

ニ.$\mathrm{a:}$接地極を地面に埋設する。  $\mathrm{b:}$定格電圧$125\mathrm{V}$の差込み接続器にコードを接続する。

 

解説

電気工事士法施行規則第2条・施行令第1条により、電気工事士でなければできない作業と電気工事士でなくてもできる軽微な作業が定められている。

「イ」配電盤を造営材に取り付ける作業および電線管を曲げる作業は、電気工事士でなければできない作業である。

 

問30

問題

低圧の屋内電路に使用する次の配線器具のうち、特定電気用品の適用を受けるものは。

ただし、定格電圧、定格電流、使用箇所、構造等すべて「電気用品安全法」に定める電気用品に該当するものとする。

イ.カバー付ナイフスイッチ

ロ.電磁開閉器

ハ.ライティングダクト

ニ.タイムスイッチ

 

解説

電気用品安全法施行令第1条により、選択肢のなかで特定電気用品に該当するのは、「ニ」タイムスイッチである。

 

電工二種DB

技能試験[sitecard subtitle=候補問題一覧 url="https://denki-no-shinzui.com/electrician/examination/"]平成29年度上期 筆記試験 平成29年度上[…]

スポンサーリンク