第二種電気工事士筆記試験解答・解説【令和4年度上期(午前) 問21~30】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「令和4年度上期(午前) 問21~30」について解説する。





問21

低圧屋内配線の図記号と、それに対する施工方法の組合せとして、正しいものは。

 厚鋼電線管で天井隠ぺい配線。

 

 硬質ポリ塩化ビニル電線管で、露出配線。

 

 合成樹脂製可とう電線管で天井隠ぺい配線。

 

 2種金属製可とう電線管で露出配線。

 

解説

配線および図記号の対応一覧を下記に示す。

 

 

図記号名称
E鋼製電線管(ねじなし電線管)
なし(数字だけ書く)鋼製電線管(薄鋼電線管)
F22種金属製可とう電線管
PF合成樹脂製可とう電線管(PF管)
CD合成樹脂製可とう電線管(CD管)
VE硬質ポリ塩化ビニル電線管(VE管)
HIVE耐衝撃性硬質ポリ塩化ビニル電線管
HIVP耐衝撃性硬質ポリ塩化ビニル管
FEP波付硬質合成樹脂管

 

  • イは露出配線でE管(ねじなし金属管)と表記されているが、「厚鋼電線管(G管)で天井隠ぺい配線」と記載されており、誤り。
  • ロは天井隠ぺい配線で合成樹脂製可とう電線管と表記されているが、「硬質ポリ塩化ビニル電線管(VE管)で露出配線」と記載されており、誤り。
  • ハは天井隠ぺい配線で薄鋼電線管と表記されているが、「合成樹脂製可とう電線管(PF管)で天井隠ぺい配線」と記載されており、誤り。
  • ニは2種金属製可とう電線管で露出配線と表記されており、かつ文章とも合致しているため正しい

 

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問22

機械器具の金属製外箱に施すD種接地工事に関する記述で、不適切なものは。

イ.三相$200\mathrm{V}$電動機外箱の接地線に直径$1.6\mathrm{mm}$のIV電線(軟銅線)を使用した。

ロ.単相$100\mathrm{V}$移動式の電気ドリル(一重絶縁)の接地線として多心コードの断面積$0.75\mathrm{mm^2}$の1心を使用した。

ハ.単相$100\mathrm{V}$の電動機を水気のある場所に設置し、定格感度電流$15\mathrm{mA}$,動作時間$0.1$秒の電流動作型漏電遮断器を取り付けたので、接地工事を省略した。

ニ.一次側$200\mathrm{V}$,二次側$100\mathrm{V}$,$3\mathrm{kV\cdot A}$の絶縁変圧器(二次側非接地)の二次側電路に電動丸のこぎりを接続し、接地を施さないで使用した。

 

解説

D種接地工事は下記の場合に省略できる。

  • 対地電圧$150\mathrm{V}$以下の機器を、乾燥した場所に設置。
  • 乾燥した木製の床など、絶縁性のものの上で取り扱う。
  • 水気のある場所以外に設置した機器に、漏電遮断器(感度電流$15\mathrm{mA}$以下、動作時間$0.1$秒以内)を施設。
  • 二重絶縁構造の機器。

 

選択肢のうちイ、ロ、ニについては適切であり省略できる。

「ハ」水気のある場所に設置しているので不適切である。

 

関連記事

 

類題

 

問23

硬質ポリ塩化ビニル電線管による合成樹脂管工事として、不適切なものは。

イ.管の支持点間の距離は$2\mathrm{m}$とした。

ロ.管相互および管とボックスとの接続で、専用の接着剤を使用し、管の差込み深さを管の外径の$0.9$倍とした。

ハ.湿気の多い場所に施設した管とボックスとの接続箇所に、防湿装置を施した。

ニ.三相$200\mathrm{V}$配線で、簡易接触防護措置を施した場所に施設した管と接続する金属製プルボックスに、D種接地工事を施した。

 

解説

硬質ポリ塩化ビニル電線管工事(合成樹脂管工事)の場合、管の支持点間距離は$1.5\mathrm{m}$以下としなければならない。

よって「イ」が不適切である。

 

関連記事

 

類題

 

問24

単相3線式$100/200\mathrm{V}$の屋内配線で、絶縁被覆の色が赤色、白色、黒色の3種類の電線が使用されていた。

この屋内配線で電線相互間及び電線と大地間の電圧を測定した。

その結果としての電圧の組合せで、適切なものは。

ただし、中性線は白色とする。

イ.黒色線と大地間 $100\mathrm{V}$ 白色線と大地間 $200\mathrm{V}$ 赤色線と大地間 $0\mathrm{V}$

ロ.黒色線と白色線間 $100\mathrm{V}$ 黒色線と大地間 $0\mathrm{V}$ 赤色線と大地間 $200\mathrm{V}$

ハ.赤色線と黒色線間 $200\mathrm{V}$ 白色線と大地間 $0\mathrm{V}$ 黒色線と大地間 $100\mathrm{V}$

ニ.黒色線と白色線間 $200\mathrm{V}$ 黒色線と大地間 $100\mathrm{V}$ 赤色線と大地間 $0\mathrm{V}$

 

解説

設問を図にすると下記となる。

 

上図より、赤色線と黒色線間は$200\mathrm{V}$,白色線と大地間は$0\mathrm{V}$,赤色線と大地間は$100\mathrm{V}$である。

よって「ハ」が正解となる。

 

類題

 

問25

単相3線式$100/200\mathrm{V}$の屋内配線において、開閉器又は過電流遮断器で区切ることができる電路ごとの絶縁抵抗の最小値として、「電気設備に関する技術基準を定める省令」に規定されている値$[\mathrm{M\Omega}]$の組合せで、正しいものは。

イ.電路と大地間 $0.2$  電線相互間 $0.4$

ロ.電路と大地間 $0.2$  電線相互間 $0.2$

ハ.電路と大地間 $0.1$  電線相互間 $0.1$

ニ.電路と大地間 $0.1$  電線相互間 $0.2$

 

解説

使用電圧$300\mathrm{V}$以下、対地電圧$150\mathrm{V}$以下で、開閉器または過電流遮断器で区切ることができる電路ごとの絶縁抵抗値は、電路と大地間は $\boldsymbol{0.1\mathrm{M\Omega}}$以上、電線相互間も同様に$\boldsymbol{0.1\mathrm{M\Omega}}$以上である。

 

問題の単相3線式$100/200\mathrm{V}$の屋内配線は上記に該当するため、「ハ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

 

問26

工場の$200\mathrm{V}$三相誘導電動機(対地電圧$200\mathrm{V}$)への配線の絶縁抵抗値$[\mathrm{M\Omega}]$及びこの電動機の鉄台の接地抵抗値$[\Omega]$を測定した。

電気設備技術基準等に適合する測定値の組合せとして、適切なものは。

ただし、$200\mathrm{V}$電路に施設された漏電遮断器の動作時間は$0.5$秒を超えるものとする。

イ.$0.4\mathrm{M\Omega} 300\Omega$

ロ.$0.3\mathrm{M\Omega} 60\Omega$

ハ.$0.15\mathrm{M\Omega} 200\Omega$

ニ.$0.1\mathrm{M\Omega} 50\Omega$

 

解説

$200\mathrm{V}$三相誘導電動機への配線への絶縁抵抗値は、$0.2\mathrm{M\Omega}$以上である。

また、鉄台の接地抵抗値はD種接地工事で$100\Omega$以下である(施設された漏電遮断器の動作時間が$0.5$秒以内のときは$500\Omega$以下に緩和できる)。

 

上記の値に適合する「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問27

直動式指示電気計器の目盛板に図のような記号がある。

記号の意味及び測定できる回路で、正しいものは。

 

 

イ.永久磁石可動コイル形で目盛板を鉛直に立てて、直流回路で使用する。

ロ.永久磁石可動コイル形で目盛板を鉛直に立てて、交流回路で使用する。

ハ.可動鉄片形で目盛板を鉛直に立てて、直流回路で使用する。

ニ.可動鉄片形で目盛板を水平に置いて、交流回路で使用する。

 

解説

与えられた図のうち、左の記号は永久磁石可動コイル形計器であること、右の記号は鉛直に立てて使用することを表す。

また、永久磁石可動コイル形計器は直流回路で使用する。

 

以上より、「イ」が正解である。

 

関連記事

 

類題

 

問28

「電気工事士法」において、一般用電気工作物に係る工事の作業で、$\mathrm{a,\ b}$ともに電気工事士でなければ従事できないものは。

イ. $\mathrm{a}:$配電盤を造営材に取り付ける。  $\mathrm{b}:$電線管に電線を収める。

ロ. $\mathrm{a}:$地中電線用の管を設置する。   $\mathrm{b}:$定格電圧$100\mathrm{V}$の電力量計を取り付ける。

ハ. $\mathrm{a}:$電線を支持する柱を設置する。  $\mathrm{b}:$電線管を曲げる。

ニ. $\mathrm{a}:$接地極を地面に埋設する。    $\mathrm{b}:$定格電圧$125\mathrm{V}$の差込み接続器にコードを接続する。

 

解説

電気工事士法施行規則第2条・施行令第1条により、電気工事士でなければできない作業と電気工事士でなくてもできる軽微な作業が定められている。

「イ」配電盤を造営材に取り付ける作業および電線管に電線を収める作業は、電気工事士でなければできない作業である。

 

関連記事

 

類題

 

問29

電気用品安全法における電気用品に関する記述として、誤っているものは。

イ.電気用品の製造又は輸入の事業を行う者は、電気用品安全法に規定する義務を履行したときに、経済産業省令で定める方式による表示を付すことができる。

ロ.「特定電気用品以外の電気用品」には

 

または<PS>Eの表示が付されている。

ハ.電気用品の販売の事業を行う者は、経済産業大臣の承認を受けた場合等を除き、法令に定める表示のない電気用品を販売してはならない。

ニ.電気工事士は、電気用品安全法に規定する表示の付されていない電気用品を電気工作物の設置又は変更の工事に使用してはならない。

 

解説

電気用品安全法の問題である。

ロは「特定電気用品の表示」の説明となる。

特定電気用品以外の電気用品には、下記のマーク

 

または表示面積が小さい場合などは、(PS)Eの記号を表示する。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問30

一般用電気工作物に関する記述として、誤っているものは。

イ.低圧で受電するものは、出力$60\mathrm{kW}$の太陽電池発電設備を同一構内に施設すると、一般用電気工作物とならない。

ロ.低圧で受電するものは、小出力発電設備を同一構内に施設すると、一般用電気工作物とならない。

ハ.低圧で受電するものであっても、火薬類を製造する事業場など、設置する場所によっては一般用電気工作物とならない。

ニ.高圧で受電するものは、受電電力の容量、需要場所の業種にかかわらず、一般用電気工作物とならない。

 

解説

一般用電気工作物の適用を受けるものは、低圧受電するものである。

  • 「太陽電池発電設備」は出力が$50\mathrm{kW}$未満に限り一般用電気工作物となるため、イは適切である。
  • 低圧受電の場合で、小出力発電設備を同一構内に施設しても一般用電気工作物となるため、ロの記述は不適切である。
  • 火薬類を製造する事業場に設置するものは一般用電気工作物ではないため、ハは適切である。
  • 高圧受電であるから、一般用電気工作物ではないため、ニは適切である。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

この年度の他の問題

 

電工二種DB

技能試験 2022年度候補問題 2022年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.1 2022年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.2 2022年度第二種電気工事士技能試験 候補問題N[…]

 

第二種電気工事士技能試験の練習用セットを販売している「電材館プロ」様より、本サイトの記事を参考に技能試験対策用のオリジナル冊子を作成していただいています。

こちらの技能試験練習セットをご購入の方に無料で配布しておりますので、ぜひチェックしてみてください!

 

著書のご紹介

初学者が躓きがちなギモンを、電験アカデミアがスッキリ解決します!

電験カフェ

当サイト「電気の神髄」をいつもご利用ありがとうございます。管理人の摺り足の加藤です。 2022年5月18日、オーム社より「電験カフェへようこそ 電験三種のギモン・お悩み解決します」が発売になりました。本書は[…]

 

すべての電験二種受験生の方に向けて「最強の対策教材」作りました!

SAT二種講座

 すべての電験二種受験生の方に向けて「最強の対策教材」作りました! 当サイト「電気の神髄」をいつもご愛読ありがとうございます。管理人の摺り足の加藤です。2021年9月1日、SAT株式会社より「第二[…]