第二種電気工事士筆記試験解答・解説【令和3年度下期(午後) 問41~50】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「令和3年度下期(午後) 問41~50」について解説する。





配線図

図は、鉄骨軽量コンクリート造一部2階建工場及び倉庫の配線図である。

この図に関する次の各問いには4通りの答え(イ、ロ、ハ、ニ)が書いてある。

それぞれの問いに対して、答えを1つ選びなさい。

 

注意

  1. 屋内配線の工事は、動力回路及び特記のある場合を除き$600\mathrm{V}$ビニル絶縁ビニルシースケーブル平形(VVF)を用いたケーブル工事である。
  2. 屋内配線等の電線の本数、電線の太さ、その他、問いに直接関係のない部分等は省略又は簡略化してある。
  3. 漏電遮断器は、定格感度電流$30\mathrm{mA}$,動作時間$0.1$秒以内のものを使用している。
  4. 選択肢(答え)の写真にあるコンセントは、「JIS C 0303:2000 構内電気設備の配線用図記号」で示す「一般形」である。
  5. ジョイントボックスを経由する電線は、すべて接続箇所を設けている。
  6. 3路スイッチの記号「0」の端子には、電源側又は負荷側の電線を結線する。

 

問41

⑪で示す部分の接地抵抗を測定するものは。

 

解説

接地抵抗を測定するには、ニの「接地抵抗計(アーステスタ)」を用いる。

 

その他の選択肢については、次の通り。

  • イは絶縁抵抗を測定する「絶縁抵抗計(メガー)」である。
  • ロは三相回路の相回転を調べるための「検相器」である。
  • ハは一般的な回路の電流、電圧、抵抗を測定する「回路計(テスタ)」である。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

調査中

 

問42

⑫で示すジョイントボックス内の接続をすべて圧着接続とする場合、使用するリングスリーブの種類と最少個数の組合せで、正しいものは。

 

解説

⑫で示すジョイントボックスで、各々の開閉器までの3心のCVケーブル($\mathrm{CV}\ 5.5-3\mathrm{C}$)3本が接続される。

1本のCV(架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル)の太さは$5.5\mathrm{mm^2}$であるから、$5.5\mathrm{mm^2}\times3=16.5\mathrm{mm^2}$となり、大スリーブ(断面積$14\mathrm{mm^2}$以上)が必要になる。

これが3ヶ所なので、大スリーブ3個が必要になる。

 

よって「ハ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問43

⑬で示すVVF用ジョイントボックス内の接続をすべて差込形コネクタとする場合、使用する差込形コネクタの種類と最少個数の組合せで、正しいものは。

ただし、使用する電線は、すべてVVF1.6とする。

 

解説

⑬(および①,⑯)の箇所を含む回路の複線図を示す。

 

問題文に「使用する電線はすべてVVF1.6」と記載されているので、複線図より、

  • $1.6\mathrm{mm}\times2$本を接続する部分が3か所(2本用コネクタ×3個)
  • $1.6\mathrm{mm}\times4$本を接続する部分が1か所(4本用コネクタ×1個)

 

よって、「イ」が正解となる。

 

類題

 

問44

⑭で示す点滅器の取付け工事に使用されることのない材料は。

 

 

解説

天井隠ぺい配線で、VVFのケーブル工事であるので、ニのねじなし金属管用のスイッチボックスを使用するのは適切である。

 

その他の選択肢の材料は、すべて隠ぺい配線に使用される。

  • イはアウトレットボックスである。
  • ロは塗代カバーである。
  • ハは埋込連用取付枠である。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問45

⑮で示す図記号のコンセントは。

 

解説

⑮で示す図記号のコンセントの傍記「ET」は1口の接地端子付コンセントであることを示す。

なお、イは「2」、ロは「2E」、ニは「EET」の傍記となる。

 

よって「ハ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

 

問46

⑯で示す部分の配線工事に必要なケーブルは。

ただし、心線数は最少とする。

 

解説

問43の複線図より、⑯で示す部分の最少心線数は3本である。

問題の注意①にあるようにVVFのケーブル工事であるから、ハのVVF-3心を選ぶ。

  • イはVVR-2心である。
  • ロはVVF-2心である。
  • ニはVVR-3心である。

 

よって、「ハ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問47

⑰で示す部分に使用するトラフは。

 

解説

トラフの写真は、選択肢のうちとなる。

  • イは埋設表示シートである。
  • ハはFEP管(波付硬質合成樹脂管)である。
  • ニは$600\mathrm{V}$ビニル絶縁ビニルシースケーブル丸形(VVR)である。

 

よって、「ロ」が正解となる。

 

類題

 

問48

⑱で示す図記号の機器は。

 

解説

⑱で示す図記号は、イのコンデンサである。

 

  • ロはネオン変圧器である。
  • ハは三相の配線用遮断器である。
  • ニは交流電磁開閉器である。

 

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問49

⑲で示す部分を金属管工事で行う場合、管の支持に用いる材料は。

 

解説

金属管工事において、管の支持に用いるのはロの電線管支持金具(パイラック)である。

  • イはねじなしボックスコネクタである。
  • ハはユニバーサルである。
  • ニはねじなしカップリングである。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

調査中

 

問50

⑳で示すジョイントボックス内の電線相互の接続作業に使用されることのないものは。

 

解説

⑳で示すジョイントボックスでは、IV(直径$14\mathrm{mm}$)とCV(直径$14\mathrm{mm}$)を接続することになる。

  • イはリングスリーブ用の圧着工具で、太い電線のため使用できない。
  • ロはケーブルカッタで、必要となる。
  • ハは電工ナイフで、必要となる。
  • ニは油圧式圧着器で、必要となる。

 

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

この年度の他の問題

 

電工二種DB

技能試験 2022年度候補問題 2022年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.1 2022年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.2 2022年度第二種電気工事士技能試験 候補問題N[…]

 

第二種電気工事士技能試験の練習用セットを販売している「電材館プロ」様より、本サイトの記事を参考に技能試験対策用のオリジナル冊子を作成していただいています。

こちらの技能試験練習セットをご購入の方に無料で配布しておりますので、ぜひチェックしてみてください!

 

著書のご紹介

初学者が躓きがちなギモンを、電験アカデミアがスッキリ解決します!

電験カフェ

当サイト「電気の神髄」をいつもご利用ありがとうございます。管理人の摺り足の加藤です。 2022年5月18日、オーム社より「電験カフェへようこそ 電験三種のギモン・お悩み解決します」が発売になりました。本書は[…]

 

すべての電験二種受験生の方に向けて「最強の対策教材」作りました!

SAT二種講座

 すべての電験二種受験生の方に向けて「最強の対策教材」作りました! 当サイト「電気の神髄」をいつもご愛読ありがとうございます。管理人の摺り足の加藤です。2021年9月1日、SAT株式会社より「第二[…]