第二種電気工事士筆記試験解答・解説【令和2年度下期(午後) 問31~40】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「令和2年度下期(午後) 問31~40」について解説する。





配線図

図は、鉄骨軽量コンクリート造店舗平屋建の配線図である。

この図に関する次の各問いには4通りの答え(イ、ロ、ハ、ニ)が書いてある。

それぞれの問いに対して、答えを1つ選びなさい。

注意

  1. 屋内配線の工事は、特記のある場合を除き$600\mathrm{V}$ビニル絶縁ビニルシースケーブル平形(VVF)を用いたケーブル工事である。
  2. 屋内配線等の電線の本数、電線の太さ、その他、問いに直接関係のない部分等は省略又は簡略化してある。
  3. 漏電遮断器は、定格感度電流$30\mathrm{mA}$,動作時間$0.1$秒以内のものを使用している。
  4. 選択肢(答え)の写真にあるコンセント及び点滅器は、「JIS C 0303:2000 構内電気設備の配線用図記号」で示す「一般形」である。
  5. ジョイントボックスを経由する電線は、すべて接続箇所を設けている。

 

 

問31

①で示すコンセントの極配置(刃受)は。

 

解説

①で示すコンセントは接地極付で$250\mathrm{V},\ 20\mathrm{A}$の定格である。

  • イは接地極付単相$200\mathrm{V},\ 15\mathrm{A}$用である。
  • ロは接地極付単相$200\mathrm{V},\ 20\mathrm{A}$用である。
  • ハは接地極付単相$100\mathrm{V},\ 15\mathrm{A}$用である。
  • ニは接地極付単相$100\mathrm{V},\ 15/20\mathrm{A}$兼用である。

 

表 コンセントの極配置(刃受)

使用電圧定格電流
$15\mathrm{A}$用$15\mathrm{A}/20\mathrm{A}$兼用$20\mathrm{A}$用
単相$100\mathrm{V}$
(定格電圧$125\mathrm{V}$)
単相$200\mathrm{V}$
(定格電圧$250\mathrm{V}$)
三相$200\mathrm{V}$
(定格電圧$250\mathrm{V}$)

 

よって「ロ」が正解となる。

 

類題

 

問32

②で示す図記号の器具の取り付け場所は。

イ.天井面

ロ.壁面

ハ.床面

ニ.二重床面

 

解説

②の図記号は天井取付用の抜け止め形コンセントであることを示している。

 

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問33

③で示す図記号の配線方法は。

イ.天井隠ぺい配線

ロ.壁隠ぺい配線

ハ.床隠ぺい配線

ニ.露出配線

 

解説

③で示す図記号の配線方法は床隠ぺい配線である。

よって「ハ」が正解となる。

 

 

類題

 

問34

④で示す部分の配線工事で用いる管の種類は。

イ.硬質塩化ビニル電線管

ロ.耐衝撃性硬質塩化ビニル電線管

ハ.耐衝撃性硬質塩化ビニル管

ニ.波付硬質合成樹脂管

 

解説

④で示す部分には「FEP」と書かれているので、波付硬質合成樹脂管が使用される。

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問35

⑤で示す図記号の名称は。

イ.配線用遮断器

ロ.漏電遮断器(過負荷保護付)

ハ.モータブレーカ

ニ.カットアウトスイッチ

 

解説

⑤の図記号は過負荷保護付漏電遮断器である。

分電盤などの幹線などに取り付け、漏電の際に回路を遮断する。

また、過電流の際も回路を遮断する。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

 

問36

⑥で示す部分の電路と大地間との絶縁抵抗として、許容される最小値$[\mathrm{M\Omega}]$は。

イ.$0.1$  ロ.$0.2$  ハ.$0.4$  ニ.$1.0$

 

解説

⑥で示す部分は三相$200\mathrm{V}$回路に接続されているため、使用電圧は$300\mathrm{V}$以下、対地電圧は$150\mathrm{V}$超となる。

したがって、この部分の電路と大地間の絶縁抵抗値は$0.2\mathrm{M\Omega}$以上でなければならない。

 

以上より「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問37

⑦で示す図記号の器具の名称は。

イ.電磁開閉器

ロ.押しボタンスイッチ

ハ.リモコンリレー

ニ.リモコンセレクタスイッチ

 

解説

リレー系の図記号を問う問題である。

 

⑦の図記号は「リモコンリレー」である。

複数個設置する場合は下記の図記号となり、傍記の「6」は6個集合設置していることを示している。

よって「ハ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問38

⑧で示す部分の接地工事の種類と接地線の最小太さの組合せで、正しいものは。

イ.A種接地工事 $2.6\mathrm{mm}$

ロ.A種接地工事 $1.6\mathrm{mm}$

ハ.D種接地工事 $2.6\mathrm{mm}$

ニ.D種接地工事 $1.6\mathrm{mm}$

 

解説

⑧をたどると単相3線式$100/200\mathrm{V}$電源に接続された電路であることがわかる。

この場合、使用電圧は$300\mathrm{V}$以下である。

したがって、電技解釈第29条により、使用電圧$300\mathrm{V}$以下の場合、D種接地工事を施す。

 

また、電技解釈第17条より、D種接地工事の接地線には直径$1.6\mathrm{mm}$以上の軟銅線を使用しなければならない。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問39

⑨で示す図記号の器具を用いる目的は。

イ.不平衡電流を遮断する。

ロ.地絡電流のみを遮断する。

ハ.過電流と地絡電流を遮断する。

ニ.過電流のみを遮断する。

 

解説

⑨で示す図記号は電流計付箱開閉器である。

ナイフスイッチとヒューズが入っており、過電流を遮断する役割がある。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問40

⑩で示す引込線取付点の地表上の高さの最低値$[\mathrm{m}]$は。

ただし、引込線は道路を横断せず、技術上やむを得ない場合で、交通に支障がないものとする。

イ.$2.0$  ロ.$2.5$  ハ.$3.0$  ニ.$3.5$

 

解説

引込線の取付点の高さは 原則$4\mathrm{m}$以上である。

例外として、技術上やむを得ない場合、または交通に支障がないとされるときは、最低高さを$\boldsymbol{2.5\mathrm{m}}$以上とすることができる。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

類題

 

この年度の他の問題

 

電工二種DB

技能試験 2021年度候補問題 2021年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.1 2021年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.2 2021年度第二種電気工事士技能試験 候補問題N[…]

 

第二種電気工事士技能試験の練習用セットを販売している「電材館プロ」様より、本サイトの記事を参考に技能試験対策用のオリジナル冊子を作成していただいています。

こちらの技能試験練習セットをご購入の方に無料で配布しておりますので、ぜひチェックしてみてください!