第二種電気工事士筆記試験解答・解説【平成30年度下期 問21~30】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「平成30年度下期 問21~30」について解説する。





問21

木造住宅の単相$3$線式$100/200\mathrm{V}$屋内配線工事で、不適切な工事方法は。

ただし、使用する電線は$600\mathrm{V}$ビニル絶縁電線、直径$1.6\mathrm{mm}$(軟銅線)とする。

イ.同じ径の硬質塩化ビニル電線管(VE)$2$本をTSカップリングで接続した。

ロ.合成樹脂製可とう電線管(CD管)を木造の床下や壁の内部及び天井裏に配管した。

ハ.金属管を点検できない隠ぺい場所で使用した。

ニ.合成樹脂製可とう電線管(PF管)内に通線し、支持点間の距離を$1.0\mathrm{m}$で造営材に固定した。

 

解説

$100\mathrm{V}$の屋内配線における施設場所についての問題である。

  • ケーブル工事
  • 金属管工事
  • 合成樹脂管工事(CD管を除く)
  • 2種金属可とう電線管工事

の4つは、すべての場所に施工しても問題ない。

 

ロはCD管を使用しているが、これはコンクリート用の埋込配線にて使用しなければならないため不適切となる。

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問22

機械器具の金属製外箱に施すD種接地工事に関する記述で、不適切なものは。

イ.三相$200\mathrm{V}$電動機外箱の接地線に直径$1.6\mathrm{mm}$のIV電線を使用した。

ロ.単相$100\mathrm{V}$移動式の電気ドリル(一重絶縁)の接地線として多心コードの断面積$0.75\mathrm{mm^2}$の1心を使用した。

ハ.単相$100\mathrm{V}$の電動機を水気のある場所に設置し、定格感度電流$15\mathrm{mA}$,動作時間$0.1$秒の電流動作型漏電遮断器を取り付けたので、接地工事を省略した。

ニ.一次側$200\mathrm{V}$,二次側$100\mathrm{V}$,$3\mathrm{kVA}$の絶縁変圧器(二次側非接地)の二次側電路に電動丸のこぎりを接続し、接地を施さないで使用した。

 

解説

D種接地工事は下記の場合に省略できる。

  • 対地電圧$150\mathrm{V}$以下の機器を、乾燥した場所に設置。
  • 乾燥した木製の床など、絶縁性のものの上で取り扱う。
  • 水気のある場所以外に設置した機器に、漏電遮断器(感度電流$15\mathrm{mA}$以下、動作時間$0.1$秒以内)を施設。
  • 二重絶縁構造の機器。

 

選択肢のうちイ、ロ、ニについては適切であり省略できる。

「ハ」水気のある場所に設置しているので不適切である。

 

関連記事

 

類題

 

問23

低圧屋内配線工事で、$600\mathrm{V}$ビニル絶縁電線を金属管に収めて使用する場合、その電線の許容電流を求めるための電流減少係数に関して、同一管内の電線数と電線の電流減少係数との組合せで、誤っているものは。

ただし、周囲温度は$30^\circ\mathrm{C}$以下とする。

イ.$2$本 $0.80$

ロ.$4$本 $0.63$

ハ.$5$本 $0.56$

ニ.$6$本 $0.56$

 

解説

$600\mathrm{V}$ビニル絶縁電線の許容電流は表に示す電流減少係数を掛けた値となる。

 

表 電流減少係数

管内の電線数電流減少係数
$3$本以下$0.7$
$4$本$0.63$
$5~6$本$0.56$

 

表のうち、3本以下の場合は電流減少係数は$\boldsymbol{0.70}$である。

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

第二種電気工事士の筆記試験では電線の許容電流に関する問題が頻出であり、平成21~29年度の試験においては90%以上の確率で出題されている。この種の問題は電線の許容電流を覚えれば解ける問題ゆえ、マスターすることを推奨する。[afTag[…]

 

問24

アナログ式回路計(電池内蔵)の回路抵抗測定に関する記述として、誤っているものは。

イ.回路計の電池容量が正常であることを確認する。

ロ.抵抗測定レンジに切り換える。被測定物の概略値が想定される場合は、測定レンジの倍率を適正なものにする。

ハ.赤と黒の測定端子(テストリード)を短絡し、指針が$0\Omega$になるよう調整する。

ニ.被測定物に、赤と黒の測定端子(テストリード)を接続し、その時の指示値を読む。なお、測定レンジに倍率表示がある場合は、読んだ指示値を倍率で割って測定値とする。

 

解説

ニは指示値の倍率で割るのではなく掛けるので不適切である。

よって「ニ」が正解となる。

 

問25

単相3線式$100/200\mathrm{V}$屋内配線で、絶縁被覆の色が赤色、白色、黒色の3種類の電線が使用されていた。

この屋内配線で電線相互間及び電線と大地間の電圧を測定した。

その結果としての電圧の組合せで、適切なものは。

ただし、中性線は白色とする。

イ.赤色線と大地間 $200\mathrm{V}$ 白色線と大地間 $100\mathrm{V}$ 黒色線と大地間 $0\mathrm{V}$

ロ.白色線と黒色線間 $100\mathrm{V}$ 赤色線と大地間 $0\mathrm{V}$ 黒色線と大地間 $200\mathrm{V}$

ハ.赤色線と白色線間 $200\mathrm{V}$ 赤色線と大地間 $0\mathrm{V}$ 黒色線と大地間 $100\mathrm{V}$

ニ.赤色線と黒色線間 $200\mathrm{V}$ 白色線と大地間 $0\mathrm{V}$ 赤色線と大地間 $100\mathrm{V}$

 

解説

設問を図にすると下記となる。

上図より、赤色線と黒色線間は$200\mathrm{V}$,白色線と大地間は$0\mathrm{V}$,赤色線と大地間は$100\mathrm{V}$である。

よって「ニ」が正解となる。

 

 

問26

直読式接地抵抗計を用いて、接地抵抗を測定する場合、被測定接地極$\mathrm{E}$に対する、2つの補助接地極$\mathrm{P}$(電圧用)及び$\mathrm{C}$(電流用)の配置として、最も適切なものは。

 

解説

接地抵抗計に関しての問題である。

測定するときは「$\mathrm{E-P-C}$の順に指していく。

よって「ハ」が正解となる。

 

関連記事

本記事では、接地工事の種類と工事内容、接地抵抗測定について記載する。[afTag id=11282]接地工事の種類接地工事とは、感電や漏電を防止したり、保護装置などを正常に動作させるために施す工事で、機器接地と系統接地がある[…]

 

問27

図のような単相$3$線式回路で、開閉器を閉じて機器$\mathrm{A}$の両端の電圧を測定したところ$120\mathrm{V}$を示した。

この原因として、考えられるものは。

 

 

イ.$\mathrm{a}$線が断線している。

ロ.中性線が断線している。

ハ.$\mathrm{b}$線が断線している。

ニ.機器$\mathrm{A}$の内部で断線している。

 

 

解説

電圧計による測定に関する問題である。

 

$\mathrm{a-b}$線間が$200\mathrm{V}$であることから、中性線に不具合がなければ、機器$\mathrm{A}$$120\mathrm{V}$になることはないと判断できる。

  • $\mathrm{a}$線が断線した場合は、機器$\mathrm{A}$に電流が流れなくなり$0\mathrm{V}$になるから、イは不適切である。
  • $\mathrm{b}$線が断線した場合は、機器$\mathrm{B}$に電流が流れなくなり、機器$\mathrm{A}$に電圧$200\mathrm{V}$がかかるため、ハは不適切である。
  • 機器$\mathrm{A}$の内部で断線している場合は、電流が流れなくなり$0\mathrm{V}$になるから、ニは不適切である。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問28

電気工事士の義務又は制限に関する記述として、誤っているものは。

イ.電気工事士は、電気工事士法で定められた電気工事の作業に従事するときは、電気工事士免状を携帯しなければならない。

ロ.電気工事士は、氏名を変更したときは、免状を交付した都道府県知事に申請して免状の書換えをしてもらわなければならない。

ハ.第二種電気工事士のみの免状で、需要設備の最大電力が$500\mathrm{kW}$未満の自家用電気工作物の低圧部分の電気工事のすべての作業に従事することができる。

ニ.電気工事士は、電気工事士法で定められた電気工事の作業に従事するときは、電気設備に関する技術基準を定める省令に適合するよう作業を行わなければならない。

 

解説

第二種電気工事士は「一般用電気工作物」のみ作業が可能である。

低圧であっても「自家用電気工作物」の作業はできない。

よって「ハ」の記述が不適切である。

 

関連記事

 

類題

 

問29

電気用品安全法において、特定電気用品の適用を受けるものは。

イ.消費電力$40\mathrm{W}$の蛍光ランプ

ロ.外径$19\mathrm{mm}$の金属製電線管

ハ.消費電力$30\mathrm{W}$の換気扇

ニ.定格電流$20\mathrm{A}$の配線用遮断器

 

解説

特定電気用品を問う問題である。

 

イ、ロ、ハは、特定電気用品以外の電気用品である。

ニの配線用遮断器は特定電気用品に該当する。

よって「ニ」が正解となる。

関連記事

本記事では、電技および解釈、電気工事士法、電気用品安全法といった電気法令において、電気工事士に必要である項目についてまとめる。[afTag id=11282]電圧の種別電気設備の技術基準を定める省令 第2条では、電圧の種別を[…]

 

問30

「電気設備に関する技術基準を定める省令」における電圧の低圧区分の組合せで、正しいものは。

イ.直流にあっては$600\mathrm{V}$以下、交流にあっては$600\mathrm{V}$以下のもの

ロ.直流にあっては$750\mathrm{V}$以下、交流にあっては$600\mathrm{V}$以下のもの

ハ.直流にあっては$600\mathrm{V}$以下、交流にあっては$750\mathrm{V}$以下のもの

ニ.直流にあっては$750\mathrm{V}$以下、交流にあっては$750\mathrm{V}$以下のもの

 

解説

電技省令第2条により、下表のように使用電圧による区分が定められている。

直流交流
低圧$750\mathrm{V}$以下$600\mathrm{V}$以下
高圧低圧を超え、$7000\mathrm{V}$以下のもの
特別高圧$7000\mathrm{V}$を超えるもの

 

低圧区分は直流$750\mathrm{V}$以下、交流$600\mathrm{V}$以下である。

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

この年度の他の問題

 

電工二種DB

技能試験 2020年度候補問題 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.1 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.2 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題N[…]