【鑑別】測定器の種類と用途【電気工事士向け】

本記事では、計器の記号、および実際の測定器の種類と用途をまとめる。

※この記事は旧電気ライブラリーに掲載されていたもののリライト記事になります。

スポンサーリンク

計器の記号と配置方法

計器には動作原理による種類があり、表1のように適用可能な回路や記号が定められている。

表1 計器の適用回路と記号

種類適用回路記号
可動コイル形直流
可動鉄片形交流
電流力計交流・直流
誘導形交流
整流形交流
熱電形交流・直流
静電形交流・直流

また、表2のように計器の配置方法も定められている。

表2 計器の配置方法

配置記号
水平
鉛直
傾斜
スポンサーリンク

測定器の種類と用途

回路計(テスタ)

一般的に電流、電圧、抵抗を測定できる。回路電圧の確認や導通試験に用いられる。

クランプメータ

負荷電流や漏れ電流を測定することができる。負荷の有無や漏電調査に用いられる。

絶縁抵抗計(メガー)

絶縁抵抗を測定するために使用される。

接地抵抗計(アーステスタ)

接地抵抗を測定するために使用される。

検電器

電路の充電の有無を確認することができる。ネオン式と音響発光式がある。

検相器

三相回路の相回転を調べるために使用される。

照度計

照度を測定するために使用される。

電流計

電流を測定するために使用される。

電力計

消費電力を使用するために使用される。

電力量計

電力量を測定するために使用される。



スポンサーリンク

スポンサーリンク