【鑑別】ボックス・がいし・配線材料の種類と用途【電気工事士向け】

本記事では、ボックスやがいし、配線材料の種類と用途をまとめる。





アウトレットボックス

電線相互の接続のために使用されるボックス。

配線の分岐や電線の引き出しなどに用いられる。

 

プルボックス

多数の電線管が交差・集合している場所で使用されるボックス。

電線管への電線・ケーブルの引き入れを容易にしたり、分岐させたりするために用いられる。

 

コンクリートボックス

コンクリートに埋め込んで使用されるボックス。

電線やケーブル相互の接続に使用される。

 

VVF用ジョイントボックス

VVFケーブル相互を接続するために使用されるボックス。

住宅の屋内配線などで使用される。

 

合成樹脂製スイッチボックス(埋込用)

スイッチやコンセントを取り付けるために使用される。

 

電線管支持金具(パイラック)

金属管を鉄骨などに固定するために使用される。

 

ケーブルラック

配電盤から出る多数のケーブルを乗せて敷設するためのラック。

工場やオフィスなどの低圧配線でよく使用される。

 

ライティングダクト

照明器具などに電源を供給するために使用される。

ダクト内側の両端に電極が配置されており、任意の場所で照明を取り付けることができる。

 

1種金属線ぴ

金属製の樋(とい)形の本体に電線・ケーブルを収納してカバーを取り付けるもので、幅が$4\mathrm{cm}$未満のものをいう。

通称「メタモール」と呼ばれる。

 

2種金属線ぴ

金属製の樋(とい)形の本体に電線・ケーブルを収納してカバーを取り付けるもので、幅が$4\mathrm{cm}$以上$5\mathrm{cm}$以下のものをいう。

通称「レースウェイ」と呼ばれる。

 

 

玉がいし

電線とその支持物とのあいだを絶縁するために使用される。

 

引き留めがいし

架空引込み線や架空電線の引き留めのために使用される。

 

ノップがいし

がいし引き工事で電線の支持と絶縁のために使用される。

 

チューブサポート

ネオン管工事でネオン管を支持するために使用される。

 

リングスリーブ

電線相互を接続するために使用される。

リングスリーブ用圧着工具を使用して圧着接続する。

 

差込形コネクタ

電線相互を接続するために使用される。電線を差し込んで接続する。

 

圧着端子

電線を機器の端子に接続する際に使用される。

Y形や〇形などがある。

 

スイッチボックス用プレート

スイッチやコンセントのカバーとして使用される。

 

関連記事

第二種電気工事士の筆記試験では、器具や工具などの写真や配線図記号を見て、名称や用途を選ぶ問題が出題される。特に配線図問題では、図記号で示す器具を写真の中から選ぶ問題が多く出題される。写真・名称・図記号・用途などをセットで覚え[…]

電気工事士

電気工事士向けコンテンツの一覧と、第二種電気工事試験について記載する。 試験内容について第二種電気工事士の資格を取得するには、試験を受けて合格する方法と、所定の学校(経済産業大臣が指定した電気工事士養成施設)に通い[…]