【鑑別】電線・ケーブルの種類と用途【電気工事士向け】

本記事では、電線やケーブルの種類と用途をまとめる。





600Vビニル絶縁電線(IV)

絶縁体がビニルで、屋内配線に使用される。最高許容温度は$60^\circ\mathrm{C}$。

 

600V二種ビニル絶縁電線(HIV)

耐熱性がある絶縁電線。絶縁物の最高許容温度は$75^\circ\mathrm{C}$。

 

600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形(VVF)2心

屋内・屋内・地中配線で使用できるケーブル。絶縁体とシース共にビニルが使用されている。絶縁体の最高許容温度は$60^\circ\mathrm{C}$。

 

 

600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形(VVF)3心

3心のVVFケーブル。絶縁体の最高許容温度は$60^\circ\mathrm{C}$。

 

600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル丸形(VVR)

丸形のビニルシースケーブル。絶縁体の最高許容温度は$60^\circ\mathrm{C}$。

 

600Vポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(CV)

屋内、屋外で使用できるケーブル。絶縁体に架橋ポリエチレン、シースにビニルが使用されている。絶縁物の最高許容温度は$90^\circ\mathrm{C}$。

 

関連記事

第二種電気工事士の筆記試験では、器具や工具などの写真や配線図記号を見て、名称や用途を選ぶ問題が出題される。特に配線図問題では、図記号で示す器具を写真の中から選ぶ問題が多く出題される。写真・名称・図記号・用途などをセットで覚え[…]

電気工事士

電気工事士向けコンテンツの一覧と、第二種電気工事試験について記載する。 試験内容について第二種電気工事士の資格を取得するには、試験を受けて合格する方法と、所定の学校(経済産業大臣が指定した電気工事士養成施設)に通い[…]