【鑑別】照明器具の種類と用途【電気工事士向け】

本記事では、照明器具の種類と用途をまとめる。





蛍光灯

天井付蛍光灯

オフィスや商業施設などでよく使用される照明器具。

写真の種類のものは、天井に取り付けるタイプである。

 

壁付蛍光灯

上の写真の種類のものは、壁に取り付けて使用するタイプである。

 

ダウンライト

天井に埋め込んで使用する照明器具。オフィスや商業施設などでよく使用される。

 

壁付照明器具

壁に取り付けて使用される照明器具。

 

 

ペンダントライト

コードペンダントライト

コードで天井から吊り下げて使用する照明器具。

 

チェーンペンダントライト

チェーンで天井から吊り下げて使用する照明器具。

 

シャンデリア

多くの光源を持ち、ガラスや金属などで華やかに装飾した照明器具。

様々なデザインがあり、インテリアとしても使用される。

 

引掛シーリング

引掛シーリング(丸形)

天井に取り付けられ、照明器具に電源を供給する器具。

 

引掛シーリング(角形)

天井に取り付けられ、照明器具に電源を供給する器具。

 

線付防水ソケット

盆踊りの提灯や工事現場の仮設照明などで使用される電球ソケット。

 

関連記事

第二種電気工事士の筆記試験では、器具や工具などの写真や配線図記号を見て、名称や用途を選ぶ問題が出題される。特に配線図問題では、図記号で示す器具を写真の中から選ぶ問題が多く出題される。写真・名称・図記号・用途などをセットで覚え[…]

電気工事士

電気工事士向けコンテンツの一覧と、第二種電気工事試験について記載する。 試験内容について第二種電気工事士の資格を取得するには、試験を受けて合格する方法と、所定の学校(経済産業大臣が指定した電気工事士養成施設)に通い[…]