【鑑別】遮断器・開閉器の種類と用途【電気工事士向け】

本記事では、遮断器・開閉器の種類と用途をまとめる。

※この記事は旧電気ライブラリーに掲載されていたもののリライト記事になります。

スポンサーリンク

配線用遮断器(MCCB)

過電流などの大電流が流れた時に、自動的に電路を遮断する。

一般家庭やオフィス、工場など多くの電気設備で使用される。

漏電遮断器(ELB)

内蔵されている零相変流器で漏電を検知して、自動的に電路を遮断する。

テストボタンにより、動作確認をすることができる。

電動機保護兼用配線用遮断器(モーターブレーカ)

電動機の保護を目的とした配線用遮断器。電動機の始動電流で動作しないようになっている。

過負荷保護付漏電遮断器

過電流遮断器と漏電遮断器を組合せた遮断器。分電盤の主開閉器などで使用される。

スポンサーリンク

交流電磁開閉器(MS)

電磁接触器と熱動継電器(サーマルリレー)を組み合わせたスイッチ。

電動機の運転制御と過負荷保護を行うことができる。

電流計付箱開閉器

ナイフスイッチとヒューズが入っており、電動機の手元開閉器として使用される。

負荷電流を確認できる電流計も付いている。

カバー付ナイフスイッチ(CKS)

レバーを操作することによって、電路の開閉を行うことができる。

内部にヒューズを入れることで、過電流保護ができる。

分電盤

電力会社の配電線や配電盤から送られてきた$100~200V$の電気を分け、電気使用場所へ電源を供給するための盤。

電力会社のサービスブレーカーや漏電遮断器・配線用遮断器などが収められている。

 

関連記事

第二種電気工事士の筆記試験では、器具や工具などの写真や配線図記号を見て、名称や用途を選ぶ問題が出題される。特に配線図問題では、図記号で示す器具を写真の中から選ぶ問題が多く出題される。写真・名称・図記号・用途などをセットで覚え[…]

 

電気工事士試験の関連記事はこちら↓

電気工事士

電気工事士向けコンテンツの一覧と、第二種電気工事試験について記載する。※こちらのコンテンツは、基本的に旧電気ライブラリーに掲載されていたもののリライト記事になります。試験内容について第二種電気工事士の資格を取得するには、試験[…]

スポンサーリンク