電験一種筆記試験「送配電」 年度別出題一覧

電験一種筆記試験「送配電」科目(旧制度)について、年度別過去問リストでまとめたものである。

その他科目

電験三種現行制度(平成7年~)[sitecard subtitle=三種理論 url="https://denki-no-shinzui.com/4106/"][sitecard subtitle=関連記事 url=""][…]

スポンサーリンク

平成6年度(1994年度)

番号分野内容方式
問1送電基幹超高圧架空送電線の保護継電方式論説
問2送電等面積法を用いた安定を保つための相差角計算
問3配電需要家の誘導発電機が並列運転した場合のスポットネットワーク受電点の電圧降下率と限流リアクトル計算

平成5年度(1993年度)

番号分野内容方式
問1送電支持点脱落前後の電線張力計算
問2送電線路の四端子定数計算
問3送電系統の三相短絡事故計算

平成4年度(1992年度)

番号分野内容方式
問1送電送電線へのサージ波の侵入計算
問2送電CVケーブルの特徴論説
問3配電コンクリート柱の風圧荷重によるモーメント計算

平成3年度(1991年度)

番号分野内容方式
問1送電四端子回路で表される系統における三相短絡事故計算
問2送電送電系統の発電機の力率計算
問3送電架空配電線で短絡故障が発生した場合の電線の弛度計算

平成2年度(1990年度)

番号分野内容方式
問1送電一線地絡事故時の静電誘導電圧計算
問2送電送受電端の電圧の相差角計算
問3配電バランサが設置された単相3線式配電線路における短絡事故計算

平成元年度(1989年度)

番号分野内容方式
問1送電架空送電線の水平張力計算
問2送電ケーブルへのパルス印加計算
問3送電送電線のコロナ開始電圧計算

昭和63年度(1988年度)

番号分野内容方式
問1送電送電線に侵入する進行波計算
問2送電送受電端の電圧の相差角計算
問3配電架空配電線の検相計算

昭和62年度(1987年度)

番号分野内容方式
問1送電三相架空送電線のインダクタンスと送電容量増加方策計算
問2送電一線地絡事故時に地絡方向継電器に流れる電流計算
問3配電架空配電線路における一線断線事故計算

昭和61年度(1986年度)

番号分野内容方式
問1送電架空地線への雷撃計算
問2送電直列接続された四端子回路と調相設備計算
問3送電OFケーブルの電気的特性計算

昭和60年度(1985年度)

番号分野内容方式
問1送電多端子送電線の保護上の問題点論説
問2送電2回線架空送電線の1回線停止時における誘導作用計算
問3配電変流器内蔵がいしに流れる短絡電流計算

昭和59年度(1984年度)

番号分野内容方式
問1送電直流送電の長所および短所論説
問2送電四端子回路の受電端最大電圧計算
問3送電一線地絡事故時の他系統に生じる静電誘導電圧計算

昭和58年度(1983年度)

番号分野内容方式
問1送電送電線路の受電端最大電力計算
問2配電V結線形の昇圧器を有する三相架空配電線路計算
問3送電架空地線への雷撃波の進行計算

昭和57年度(1982年度)

番号分野内容方式
問1送電高低差のある支持点に対する電線の弛度計算
問2送電系統の供給送電電力計算
問3送電避雷器が設置された送電線における進行波の侵入計算

昭和56年度(1981年度)

番号分野内容方式
問1送電脱調後の連系送電線の電圧・電流計算
問2送電送電線における一線地絡事故と単相再閉路計算
問3配電三相誘導電動機に電気を供給する三相3線式配電線の電圧変動計算

スポンサーリンク

昭和55年度(1980年度)

番号分野内容方式
問1送電送電線に発生するコロナ放電とその影響論説
問2送電架空送電線の遮断不能になる現象が起こる理由論説
問3配電配電線の混触故障計算

昭和54年度(1979年度)

番号分野内容方式
問1送電発電機が自己励磁を起こさないための容量計算
問2送電母線電圧間の相差角計算
問3配電ループ運用の利害得失論説

昭和53年度(1978年度)

番号分野内容方式
問1送電送電損失を最小にする負荷の電力計算
問2送電電源再投入時の対地電圧計算
問3送電電力ケーブルの大容量化論説

昭和52年度(1977年度)

番号分野内容方式
問1送電CVケーブルが普及してきた理由論説
問2送電直列コンデンサ設置前後の系統の受電端有効電力計算
問3配電常時開放の開閉器の検相計算

昭和51年度(1976年度)

番号分野内容方式
問1送電送電線の作用リアクタンス計算
問2送電遮断器の回復電圧計算
問3配電スポットネットワーク受電設備におけるプロテクタ遮断器が自動投入されるための最小負荷電流計算

昭和50年度(1975年度)

番号分野内容方式
問1送電架空送電線の弛度の式の証明計算
問2送電架空地線への雷撃時のがいし最大電圧計算
問3送電1回線停止時の接地開閉器に要求される性能計算

昭和49年度(1974年度)

番号分野内容方式
問1送電受電端電圧維持のための調相設備容量計算
問2送電電圧波進行後に発生する最大電位計算
問3送電架空送電線路の充電電流計算

昭和48年度(1973年度)

番号分野内容方式
問1送電雷衝撃電圧の開閉所への侵入計算
問2送電送電系統の事故前後の送電電力計算
問3送電系統の受電端電圧と送電端充電電力計算

昭和47年度(1972年度)

番号分野内容方式
問1送電高電圧長距離送電の安定度向上対策論説
問2送電中性点補償リアクトルのある地中ケーブル系統における地絡事故計算
問3送電無限大母線からの電力供給計算

昭和46年度(1971年度)

番号分野内容方式
問1送電受電端に設置した位相調整器の位相調整角計算
問2送電送電線の中央地点における接地事故計算
問3送電架空送電線に生ずる各種誘導障害・受信障害論説

昭和45年度(1970年度)

番号分野内容方式
問1送電直流送電と交流送電で連携する場合のそれぞれの得失論説
問2送電架空地線への雷撃時のがいし最大電圧計算
問3送電系統の受電端に設置すべき調相設備の容量計算

昭和44年度(1969年度)

番号分野内容方式
問1送電送電線のアーク故障時における電流の位相角計算
問2送電送電線の送電損失計算
問3送電系統の短絡容量の低減対策論説

昭和43年度(1968年度)

番号分野内容方式
問1送電一線地絡事故前後で伝達される電力計算
問2送電避雷器が設置された送電線における進行波の侵入計算
問3送電系統連系点における電圧・無効電力制御の方法計算

昭和42年度(1967年度)

番号分野内容方式
問1送電ケーブル鉛被不連続点における心線鉛被間電圧計算
問2送電送電線の軽負荷時の電圧上昇抑制対策論説
問3送電系統事故時における系統連系の保持および分離の考え方論説

その他科目

電験三種現行制度(平成7年~)[sitecard subtitle=三種理論 url="https://denki-no-shinzui.com/4106/"][sitecard subtitle=関連記事 url=""][…]

スポンサーリンク