第二種電気工事士筆記試験解答・解説【令和2年度下期(午前) 問41~50】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「令和2年度下期(午前) 問41~50」について解説する。





配線図

図は、木造2階建住宅及び車庫の配線図である。

この図に関する次の各問いには4通りの答え(イ、ロ、ハ、ニ)が書いてある。

それぞれの問いに対して、答えを1つ選びなさい。

 

注意

  1. 屋内配線の工事は、特記のある場合を除き$600\mathrm{V}$ビニル絶縁ビニルシースケーブル平形(VVF)を用いたケーブル工事である。
  2. 屋内配線等の電線の本数、電線の太さ、その他、問いに直接関係のない部分等は省略又は簡略化してある。
  3. 漏電遮断器は、定格感度電流$30\mathrm{mA}$,動作時間$0.1$秒以内のものを使用している。
  4. 選択肢(答え)の写真にあるコンセント及び点滅器は、「JIS C 0303:2000 構内電気設備の配線用図記号」で示す「一般形」である。
  5. 分電盤の外箱は合成樹脂製である。
  6. ジョイントボックスを経由する電線は、すべて接続箇所を設けている。
  7. 3路スイッチの記号「0」の端子には、電源側又は負荷側の電線を結線する。

 

問41

⑪で示す部分の配線工事に必要なケーブルは。

ただし、心線数は最少とする。

 

解説

⑪の引下げから1階平面図の立上り(配線図中央)をたどると、3路スイッチに接続されていることがわかる。

この3路スイッチに接続するためには、$3$心のケーブルが$1$本必要となる。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

類題

 

問42

⑫で示すボックス内の接続をリングスリーブで圧着接続した場合のリングスリーブの種類、個数および圧着接続後の刻印との組合せで、正しいものは。

ただし、使用する電線は特記のないものはVVF1.6とする。

また、写真に示すリングスリーブ中央の〇、小、中は刻印を表す。

 

解説

②、⑫および⑬で示す部分を複線図で描くと、下図のようになる。

 

複線図より、⑫のジョイントボックス接続部分は、下記のようになる。

  • $1.6\mathrm{mm}\times2$本を接続する部分が1か所(小スリーブを使用して、刻印は「〇」)
  • $2.0\mathrm{mm}\times1$本$+1.6\mathrm{mm}\times2$本を接続する部分が1か所(小スリーブを使用して、刻印は「小」)
  • $2.0\mathrm{mm}\times1$本$+1.6\mathrm{mm}\times3$本を接続する部分が1か所(中スリーブを使用して、刻印は「中」)

 

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問43

⑬で示すボックス内の接続をすべて差込形コネクタとする場合、使用する差込形コネクタの種類と最少個数の組合せで、正しいものは。

ただし、使用する電線はVVF1.6とする。

 

解説

問42の複線図より、

  • 電線を2本接続する箇所が2か所
  • 電線を3本接続する箇所が2か所
  • 電線を4本接続する箇所が1か所

使用される差込形コネクタは2本用が2個、3本用が2個、4本用が1個となる。

 

よって「イ」が正解となる。

 

類題

 

問44

⑭で示す図記号の器具は。

ただし、写真下の図は、接点の構成を示す。

 

解説

⑭で示す図記号は3路スイッチであり、それを示す写真は選択肢のうちとなる。

 

また、その他の選択肢のスイッチの種類と図記号については、次の通り。

  • イは、確認表示灯内蔵スイッチである。

 

  • ロは、遅延スイッチである。

 

  • ニは、位置表示灯内蔵スイッチである。

 

よって「ハ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問45

⑮で示す図記号の器具は。

 

解説

⑮で示す図記号は、イのペンダントライトを表わす。

 

その他の選択肢については、次の通り。

  • ロは、シャンデリヤである。

 

  • ハは、引掛シーリング(丸形)である。

 

  • ニは、シーリングライトである。

 

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

 

問46

⑯で示す部分に取り付ける機器は。

 

解説

⑯で示す図記号は「3P」と併記されていることから、3極の過負荷保護付漏電遮断器を示す。

漏電遮断器には、正常動作を確認するためのテストボタン(写真右下の「T」と書かれている箇所)が付いているのが特徴である。

 

よって「ハ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問47

⑰で示す部分の配線工事で、一般的に使用されることのない工具は。

 

解説

⑰の管には「E19」と記載されているため、「ねじなし電線管」を示す。

この配線工事に使用するのは、

  • イの「リーマ」
  • ロの「金切りのこ」
  • ハの「張線器」

である。

 

選択肢のうち、ニの「合成樹脂管用カッタ」は使用しない。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問48

⑱で示すボックス内の接続をすべて圧着接続とする場合、使用するリングスリーブの種類と最少個数の組合せで、正しいものは。

ただし、使用する電線は特記のないものはVVF1.6とする。

 

解説

⑱を含む回路の複線図を下記に示す。

 

 

図のジョイントボックス接続部分は、

  • $2.0\mathrm{mm}\times1$本+$1.6\mathrm{mm}\times4$本を接続する部分が1か所(中スリーブを使用)
  • $2.0\mathrm{mm}\times1$本+$1.6\mathrm{mm}\times3$本を接続する部分が1か所(中スリーブを使用)
  • $1.6\mathrm{mm}\times2$本を接続する部分が2か所(小スリーブを使用)

 

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問49

この配線図の図記号で、使用されていないコンセントは。

 

解説

  • イは「接地端子付き単相$100\mathrm{V},15\mathrm{A}$の1口」である。

 

  • ロは「接地極・接地端子付き単相$100\mathrm{V},15\mathrm{A}$の1口」である。

 

  • ハは「接地極付き単相$200\mathrm{V},15/20\mathrm{A}$兼用の1口」である。

 

  • ニは「接地極付き単相$100\mathrm{V},15\mathrm{A}$の2口」である。

 

配線図では、ニが使用されていない。

 

よって、「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問50

この配線図の施工に関して、使用するものの組合せで、誤っているものは。

 

解説

ロは、ボックスコネクタとアウトレットボックスである。

ボックスコネクタは2種金属製可とう電線管を接続する際に使用するが、配線図には使用されていないので不適切である。

(アウトレットボックスの方は使用されている)

 

その他の選択肢については、以下の通り。

  • イの「ねじなし管用カップリング」と「ねじなし金属管」は適切である。配線図中では車庫で使用されている。
  • ハの「露出形スイッチボックス」と「埋込連用取付枠」は適切である。
  • ニの「リングスリーブ」と「リングスリーブ用圧着工具」は適切である。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

この年度の他の問題

 

電工二種DB

技能試験 2020年度候補問題 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.1 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.2 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題N[…]

 

第二種電気工事士技能試験の練習用セットを販売している「電材館プロ」様より、本サイトの記事を参考に技能試験対策用のオリジナル冊子を作成していただいています。

こちらの技能試験練習セットをご購入の方に無料で配布しておりますので、ぜひチェックしてみてください!