第二種電気工事士筆記試験問題・解説【平成29年度下期 問21~30】

スポンサーリンク

問21

問題

使用電圧$200\mathrm{V}$の三相電動機回路の施工方法で、不適切なものは。

イ.金属管工事に$600\mathrm{V}$ピニル絶縁電線を使用した。

ロ.湿気の多い場所に1種金属製可とう電線管を用いた金属可とう電線管工事を行った。

ハ.乾燥した場所の金属管工事で、管の長さが$3\mathrm{m}$なので金属管のD種接地工事を省略した。

ニ.造営材に沿って取り付けた$600\mathrm{V}$ビニル絶縁ビニルシースケーブルの支持点間の距離を$2\mathrm{m}$以下とした。

 

解説

1種金属製可とう電線管は湿気の多い場所に使用することができない。

よって「ロ」が不適切となる。

 

問22

問題

低圧屋内配線の金属可とう電線管工事として、不適切なものは。

ただし、管は2種金属製可とう電線管を使用するものとする。

イ.管と金属管(鋼製電線管)との接続にTSカップリングを使用した。

ロ.管相互及び管とボックスとは、堅ろうに、かつ、電気的に完全に接続した。

ハ.管内に$600\mathrm{V}$ビニル絶縁電線を収めた

ニ.管とボックスとの接続にストレートボックスコネクタを使用した。

 

解答

TSカップリングはVE管の相互接続に使用される。

よって「イ」が不適切である。

 

問23

問題

屋内の管灯回路の使用電圧が$1000\mathrm{V}$を超えるネオン放電灯工事として、 不適切なものは。

ただし、接触防護措置が施してあるものとする。

イ.ネオン変圧器への$100\mathrm{V}$電源回路は、専用回路とし、$20\mathrm{A}$配線用遮断器を設置した。

ロ.ネオン変圧器の二次側(管灯回路)の配線を、点検できる隠ぺい場所に施設した。

ハ.ネオン変圧器の二次側(管灯回路)の配線を、ネオン電線を使用し、がいし引き工事により施設し、電線の支持点聞の距離を$2\mathrm{m}$とした。

ニ.ネオン変圧器の金属製外箱にD種接地工事を施した。

 

解説

電技解釈第186条により、ネオン放電灯工事の電線の支持点間距離は$1\mathrm{m}$以下とする。

よって「ハ」が不適切である。

 

問24

問題

低圧電路で使用する測定器とその用途の組合せとして、正しいものは。

イ.回路計(テスタ)と絶縁抵抗の測定

ロ.回転計と三相回路の相順(相回転)の確認

ハ.検電器と電路の充電の有無の確認

ニ.電力計と消費電力量の測定

 

解説

電路の充電の有無を確認するのに、検電器が使用される。

よって「ハ」が正解となる。

 

問25

問題

低圧屋内配線の電路と大地聞の絶縁抵抗を測定した。

「電気設備に関する技術基準を定める省令」に適合していないものは。

イ.三相3線式の使用電圧$200\mathrm{V}$(対地電圧$200\mathrm{V}$)電動機回路の絶縁抵抗を測定したところ$0.18\mathrm{M\Omega}$であった。

ロ.単相3線式$100/200\mathrm{V}$の使用電圧$200\mathrm{V}$空調回路の絶縁抵抗を測定したところ$0.16\mathrm{M\Omega}$であった。

ハ.単相2線式の使用電圧$100\mathrm{V}$屋外庭園灯回路の絶縁抵抗を測定したところ$0.12\mathrm{M\Omega}$であった。

ニ.単相2線式の使用電圧$100\mathrm{V}$屋内配線の絶縁抵抗を、分電盤で各回路を一括して測定したところ、 $1.5\mathrm{M\Omega}$であったので個別分岐回路の測定を省略した。

 

解説

電技省令第58条により、使用電圧が$300\mathrm{V}$以下で、対地電圧が$200\mathrm{V}$の電路の絶縁抵抗は$\boldsymbol{0.2\mathrm{M\Omega}}$以上でなければならない。

よって「イ」が不適合である。

スポンサーリンク

問26

問題

三相$200\mathrm{V},\ 2.2\mathrm{kW}$の電動機の鉄台に施設した接地工事の接地抵抗値を測定し、接地線(軟銅線)の太さを検査した。

接地抵抗値及び接地線の太さ(直径)の組合せで、適切なものは。

ただし、電路には漏電遮断器が施設されてないものとする。

イ.$50\Omega$ $1.2\mathrm{mm}$

ロ.$70\Omega$ $2.0\mathrm{mm}$

ハ.$150\Omega$ $1.6\mathrm{mm}$

ニ.$200\Omega$ $2.6\mathrm{mm}$

 

解説

電技解釈第17条、29条により、使用電圧が$300\mathrm{V}$以下なので、D種接地工事を施し、電路に漏電遮断器が施設されていない場合は$\boldsymbol{100\Omega}$以下にしなければならない。

また、接地線には$\boldsymbol{1.6\mathrm{mm}}$以上の太さのものを使用しなければならない。

上記の条件に適合するのは「ロ」である。

 

問27

問題

単相3線式回路の漏れ電流を、クランプ形漏れ電流計を用いて測定する場合の測定方法として、正しいものは。

ただし, 斜線は中性線を示す。

 

解説

単相3線式回路の漏れ電流を測定する場合、中性線を含めて1回路の電線をすべて挟んで測定する。

よって「ハ」が正解となる。

 

問28

問題

電気工事士法において、一般用電気工作物に係る工事の作業で電気工事士でなければ従事できないものは。

イ.定格電圧$100\mathrm{V}$の電力量計を取り付ける。

ロ.火災報知器に使用する小型変圧器(三次電圧が$36\mathrm{V}$以下)の二次側の配線をする。

ハ.定格電圧$250\mathrm{V}$のソケットにコードを接続する。

ニ.電線管に電線を収める。

 

解説

電気工事士法施行規則第2条、施行令第1条により、電気工事士でなければできない作業と電気工事士でなくてもできる軽微な作業が定められている。

「ニ」電線管に電線を収める作業は電気工事士でなければできない作業である。

 

問29

問題

一般用電気工作物の適用を受けないものは。

ただし、発電設備は電圧$600\mathrm{V}$以下で、1構内に設置するものとする。

イ.低圧受電で、受電電力の容量が$35\mathrm{kW}$,出力$15\mathrm{kW}$の太陽電池発電設備を備えた幼稚園内

ロ.低圧受電で、受電電力の容量が$35\mathrm{kW}$,出力$10\mathrm{kW}$の太陽電池発電設備と電気的に接続した出力$5\mathrm{kW}$の風力発電設備を備えた農園

ハ.低圧受電で,受電電力の容量が$45\mathrm{kW}$,出力$5\mathrm{kW}$の燃料電池発電設備を備えたコンビニエンスストア

ニ.低圧受電で,受電電力の容量が$35\mathrm{kW}$,出力$15\mathrm{kW}$の非常用内燃力発電設備を備えた映画館

 

解説

構内に施設される発電設備が「小出力発電設備」に該当する場合は一般用電気工作物となる。

「ニ」の内燃力発電設備は$10\mathrm{kW}$未満の場合、小出力発電設備に該当する。

よって「ニ」が不適合である。

 

問30

問題

「電気設備に関する技術基準を定める省令」における電圧の低圧区分の組合せで、正しいものは。

イ.直流$600\mathrm{V}$以下、交流$750\mathrm{V}$以下

ロ.直流$600\mathrm{V}$以下、交流$600\mathrm{V}$以下

ハ.直流$750\mathrm{V}$以下、交流$600\mathrm{V}$以下

ニ.直流$750\mathrm{V}$以下、交流$300\mathrm{V}$以下

 

解説

電技省令第2条により、使用電圧による区分が定められている。

低圧区分は直流$750\mathrm{V}$以下、交流$600\mathrm{V}$以下である。

よって「ハ」が正解となる。

 

電工二種DB

技能試験[sitecard subtitle=候補問題一覧 url="https://denki-no-shinzui.com/electrician/examination/"]平成29年度上期 筆記試験 平成29年度上[…]

スポンサーリンク