CATEGORY

送電

  • 2019年3月12日

二線断線時の故障計算(対称座標法)

本記事では、対称座標法を用いた二線断線故障計算について解説する。 二線断線故障時の回路 二線断線故障時の回路を図1に示す。 同図では、電源を含む三相電力系統$A$および$B$の間を繋ぐ送電線のうち、$b$および$c$相が断線している状態である。   同図のうち、断線地点を$D_A$および$D_B$とする。 また、各端子間の電圧を$\dot{V_a},\ \dot{V_b},\ \dot{ […]

  • 2019年3月11日

一線断線時の故障計算(対称座標法)

本記事では、対称座標法を用いた一線断線故障計算について解説する。 一線断線故障時の回路 一線断線故障時の回路を図1に示す。 同図では、電源を含む三相電力系統$A$および$B$の間を繋ぐ送電線のうち、$a$相が断線している状態である。   同図のうち、断線地点を$D_A$および$D_B$とする。 また、各端子間の電圧を$\dot{V_a},\ \dot{V_b},\ \dot{V_c}\ […]

  • 2019年3月8日

二線地絡時の故障計算(対称座標法)

本記事では、対称座標法を用いた二線地絡故障の計算について解説する。 二線地絡故障時の回路 図1に二線地絡故障発生時(地絡抵抗ありの場合)の回路を示す。 同図では、 $F$点$b$および$c$相端子が地絡抵抗Rを介して大地に接続され、$a$相は開放状態になっている。   図1 二線地絡故障時回路(地絡抵抗あり)   二線地絡時の故障計算 故障時の初期条件 図1の回路より、$b\ […]

  • 2019年3月7日

二相短絡時の故障計算(対称座標法)

本記事では、対称座標法を用いた二相短絡故障(相間短絡故障)の計算について解説する。 二相短絡故障時の回路 図1に二相短絡故障発生時の回路を示す。 同図では、 $F$点$b-c$相端子間が短絡された状態になっている。   図1 二相短絡故障時回路   二相短絡時の故障計算 故障時の初期条件 図1の回路より、$b-c$相短絡時の電圧・電流の初期条件を考える。   $F$点 […]

  • 2019年3月6日

三相短絡・三線地絡時の故障計算(対称座標法)

本記事では、対称座標法を用いた三相短絡故障および三線地絡故障の計算について解説する。 三相短絡故障 故障発生時の回路 図1に三相短絡故障発生時の回路を示す。 同図より、 $F$点$a,\ b\ ,\ c$相端子は文字通りすべて短絡された状態になっている。   図1 三相短絡故障時回路   故障時の初期条件 図1の回路より、$a-b-c$相三相短絡時の電圧・電流の初期条件を考える […]

  • 2019年3月4日

一線地絡時の故障計算(対称座標法)

本記事では、対称座標法変換($0-1-2$変換)を用いた一線地絡故障計算について解説する。 故障計算における回路 一線地絡故障時の回路 $a$相が一線地絡した場合の回路(地絡抵抗ありの場合)を図1に示す。   同図より、故障点端子$F$からa相端子が地絡抵抗$R$(主にアーク抵抗や樹木などへの接触抵抗)を介して大地に接続され、$b$相および$c$相は開放状態になっている。   […]

  • 2019年2月27日

相反定理と四端子定数

本記事では、四端子回路に関する相反定理について解説する。 相反定理 図1のような四端子回路において、下記の条件を考える。 図1の四端子回路は内部に電源がなく、かつ受動線形素子(抵抗、インダクタンス、コンデンサなど)で構成される。 回路の端子$1-1’$を開放、かつ端子$2-2’$間を短絡したとき(図1上)、端子$1-1’$間に発生する開放電圧を$\dot{V}_ […]

  • 2019年2月23日

有効電力・無効電力・複素電力

本記事では、有効電力、無効電力および複素電力の定義式とその導出について解説する。 有効電力の定義式 電圧・電流の瞬時値の式 時間$t$で値が変化する交流波形で表される電圧および電流の瞬時値を$v(t)$および$i(t)$とすると、 $$\begin{cases}v(t)&=V_\mathrm{m}\cos\omega t &・・・(1)\\\\i(t)&=I_\mathrm […]

  • 2019年2月1日

四端子定数のまとめ

本記事では、四端子定数の概要と、各頻出回路における四端子定数について導出する。 四端子回路の概要 図1のように、入力端子および出力端子を各2端子備えた回路網を四端子回路という。   本記事では、入力端子を送電端(添字$s$,Sending end)、出力端子を受電端(添字$r$,Receiving end)と呼ぶこととする。     図1の四端子回路において、送電端電 […]

  • 2019年1月22日

電線のたるみ(弛度)・実長の式

本記事では、電線のたるみ(弛度)および実長の式を導出する。 架空送配電線のたるみ(弛度)・実長の式 図1のように、電柱などの支持物に取り付けられた架空送配電線(以下、電線)のたるみ(弛度)$D$は、$(1)$式で与えられる。 $$D=\frac{WS^2}{8T} ・・・(1)$$   また、電線の実長$L$は$(2)$式で与えられる。 $$L=S+\frac{8D^2}{3S} ・・・ […]