CATEGORY

四端子回路

  • 2019年5月21日

四端子回路と無損失線路の融合問題

電験一種の理論科目(旧制度)で出題された、四端子回路と無損失線路の融合問題を取り上げる。 四端子回路と無損失線路:問題 出典:電験一種筆記試験 「理論」昭和55年問1 図1のように、ニつの無損失線路(サージインピーダンスはそれぞれ$\dot{Z_1}$および$\dot{Z_2}$とする)の接続点に四端子回路が挿入されている。 進行波が左方より接続点に入射してくるものとして、次の問に答えよ。 図1  […]

  • 2019年4月14日

四端子回路の例題 その3

これまでの例題と同様に、系統の各要素ごとに四端子定数を設定し、接続順で掛け合わせるごとで系統全体の四端子定数を算出する問題を解いていく。 四端子回路:例題 出典:電験一種二次試験「電力・管理」H19問3(問題の記述を一部変更しています) よくねん架された三相送電線1回線とタップ付き変圧器からなる送電系統がある。 図1に示すように、送電線はT形等価回路で表され、そのインピーダンスを$\dot{Z}[ […]

  • 2019年4月2日

四端子回路の例題 その2

四端子回路および四端子定数を扱う例題として、電験一種の過去問を解いていく。 四端子回路:例題 出典:電験一種二次試験「電力・管理」H20問4(問題の記述を一部変更しています) 図1のような電源、架空線、変圧器、地中線および負荷で構成される電力系統を考える。架空線の公称電圧は$500\mathrm{kV},\ $架空線の長さは$100\mathrm{km},\ $地中線の公称電圧は$275\math […]

  • 2019年3月29日

四端子回路の例題 その1

四端子回路および四端子定数を扱う問題について解説する。四端子定数は使いこなせれば系統の電圧・電力計算を機械的な計算で済ますことができる強力なツールとなり得る。 四端子回路:例題 出典:電験一種二次試験「電力・管理」H10問4(問題の記述を一部変更しています) 図1のようなタップ付き変圧器を途中の地点にもつ送電系統があり、負荷に複素電力$1.00+j0.20\ \mathrm{p.u.}$を供給して […]

  • 2019年2月27日

相反定理と四端子定数

相反定理 図1のような四端子回路において、下記の条件を考える。 ・同図の四端子回路は内部に電源がなく、かつ受動線形素子(抵抗、インダクタンス、コンデンサなど)で構成されることとする。 ・端子1-1’を開放、かつ端子2-2’間を短絡したとき(上図)、端子1-1’間に発生する開放電圧を$\dot{V_1}$, 端子2-2’間に流れる短絡電流を$\dot{ […]

  • 2019年2月1日

四端子定数のまとめ

四端子回路の概要 下図のように、入力端子および出力端子を各2端子備えた回路網を四端子回路という。(本記事では、入力端子を送電端、出力端子を受電端と呼ぶこととする) 四端子回路において、送電端電圧・電流をそれぞれ$\dot{V_s}$, $\dot{I_s}$, および受電端電圧・電流をそれぞれ$\dot{V_r}$, $\dot{I_r}$とすると、下記の式が成り立つ。 $$\dot{V_s}=\ […]