配電線の断線【電気工事士向け】

第二種電気工事士の筆記試験では、配電線の一部が断線した場合に流れる電流、および負荷にかかる電圧についての出題がある。

本記事では、頻出の3種類の回路について式をまとめており、参考にしてほしい。

※この記事は旧電気ライブラリーに掲載されていたもののリライト記事になります。

スポンサーリンク

単相3線式回路の中性線の断線

単相3線式$200\mathrm{V}$回路の中性線が断線した場合について、図1に示す。

図1 単相3線式回路の中性線の断線

同図の場合、断線後の負荷抵抗$R_1[\Omega]$および$R_2[\Omega]$の値によって、各負荷に電圧が分圧される。

各負荷にかかる電圧を$V_1$および$V_2$とすると、

$$\begin{cases}
V_1=\displaystyle{\frac{R_1}{R_1+R_2}}\times200[\mathrm{V}]\\\\
V_2=\displaystyle{\frac{R_2}{R_1+R_2}}\times200[\mathrm{V}]\end{cases}$$

となり、断線後は各抵抗値に比例して電圧が分圧されていることがわかる。

なお、負荷抵抗の値が各負荷で同じ場合は問題ないが、片方に大きく偏った場合は過電圧が加わり焼損する恐れがある。

三相3線式回路(Y結線)の断線

三相3線式$200\mathrm{V}$回路の$\mathrm{Y}$(スター)結線が断線した場合について、図2に示す。

図2 三相3線式$\mathrm{Y}$結線回路の断線

同図の場合、断線後は右図のような単相$200\mathrm{V}$回路となる。

負荷の抵抗値が$R[\Omega]$で等しい場合は、電圧は均等に分圧され、

$$V_1=V_2=\frac{200}{2}=100\mathrm{V}$$

となる。

スポンサーリンク

三相3線式回路(Δ結線)の断線

三相3線式$200\mathrm{V}$回路の$\Delta$(デルタ)結線が断線した場合について、図3に示す。

図3 三相3線式$\Delta$結線回路の断線

同図の場合、断線後は右図のような単相$200\mathrm{V}$回路となり、各負荷に流れる電流が分流される。

同図右の電流$I_1[\mathrm{A}]$および$I_2[\mathrm{A}]$は、負荷抵抗値がすべて$R[\Omega]$で等しいとすると、

$$\begin{cases}
I_1=\displaystyle{\frac{200}{2R}}[\mathrm{A}]\\\\
I_2=\displaystyle{\frac{200}{R}}[\mathrm{A}]\\\\
\end{cases}$$

したがって、回路全体の電流$I[\mathrm{A}]$は、

$$I=I_1+I_2=\frac{200}{2R}+\frac{200}{R}=\frac{300}{R}[\mathrm{A}]$$

となる。

その他記事

電気工事士向けコンテンツの一覧となる。※こちらのコンテンツは、基本的に旧電気ライブラリーに掲載されていたもののリライト記事になります。電気工事士試験第一種電気工事士準備中第二種電気工事士電線 電線の抵抗[…]

スポンサーリンク