各配電方式の電圧降下と電力損失【電気工事士向け】

電気回路において、受電端電圧が送電端電圧より低下することを電圧降下という。電圧降下は負荷電流と電線抵抗の積によって求められる。

また、電力損失は負荷電流の2乗と電線抵抗の積によって求められる。
これらの値が大きいほど電圧降下および電力損失は大きくなる。

本記事では、各配電方式の電圧降下および電力損失の式について記述する。

※この記事は旧電気ライブラリーに掲載されていたもののリライト記事になります。

スポンサーリンク

単相2線式

図1に示す単相2線式の配電線において、電圧降下$v$および電力損失$p$の式は次のようになる。

$$\begin{cases}
v=2rI[\mathrm{V}]\\
p=2rI^2[\mathrm{W}]\end{cases}$$

 

図1 単相2線式

ただし、$r$は電線1条当たりの抵抗を示す。

単相3線式

図2に示す単相3線式の配電線において、平衡負荷で中性線の電流がゼロの場合、電圧降下$v$および電力損失$p$の式は次のようになる。

$$\begin{cases}
v=rI[\mathrm{V}]\\
p=2rI^2[\mathrm{W}]\end{cases}$$

図2 単相3線式

ただし、$r$は電線1条当たりの抵抗を示す。

三相3線式

図3に示す三相3線式の配電線において、電圧降下$v$および電力損失$p$の式は次のようになる。

$$\begin{cases}
v=\sqrt{3}rI[\mathrm{V}]\\
p=3rI^2[\mathrm{W}]\end{cases}$$

図3 三相3線式

ただし、$r$は電線1条当たりの抵抗を示す。

スポンサーリンク