CATEGORY

法規

  • 2019年6月10日

接地工事【電気工事士向け】

※この記事は旧電気ライブラリーに掲載されていたもののリライト記事になります。 接地工事の種類 接地工事とは、感電や漏電を防止したり、保護装置などを正常に動作させるために施す工事で、機器接地と系統接地がある。 機器接地 機器接地の目的 人などへの感電を防止する。 漏電による火災を防止する。 保護装置を確実に動作させる。 機器接地の種類 A種接地:高圧や特高機器の外箱、鉄台など。抵抗値は$10\mat […]

  • 2019年6月9日

電気工事の作業内容【電気工事士向け】

第二種電気工事士の筆記試験で、電気工事士でなければ従事できない作業/電気工事士でなくてもできる軽微な工事を問われる問題が出題される。 平成21~29年の計16回の試験で出題率は約60%であり、必ず覚えてほしい。 ※この記事は旧電気ライブラリーに掲載されていたもののリライト記事になります。 電気工事士でなければ従事できない作業 電気工事士法施行規則第2条により、電気工事士でなければ従事できない作業が […]