TAG

送配電

  • 2019年5月31日

風圧荷重によるモーメントの計算

風圧荷重によるモーメント計算:例題 出典:電験一種筆記試験「送配電」 平成4年問3 配電線路の径間が等しい直線部分に、長さ・元口直径および直径増加係数がそれぞれ$14\mathrm{m},\ 0.278\mathrm{m}$および$1/160$である図1の鉄筋コンクリート柱(設計荷重$500\mathrm{kg}$)がある。 根入れを$2.4\mathrm{m}$とし、高圧電線$\mathrm{A […]

  • 2019年5月29日

電験二種筆記試験「送配電」 年度別出題一覧

電験二種筆記試験「送配電」科目(旧制度)について、年度別過去問リストでまとめたものである。 平成6年度(1994年度) 番号 分野 内容 方式 問1 送電 架空送電線路における再閉路方式の概要 論説 問2 配電 分布負荷の計算 計算 問3 送電配電 (1)送電系統の中性点を接地する目的(2)コロナ放電(3)直流送電方式 穴埋め 平成5年度(1993年度) 番号 分野 内容 方式 問1 送電 三相短 […]

  • 2019年5月27日

支持点脱落前後の電線張力

支持点脱落前後の電線張力:例題 出典:電験一種筆記試験「送配電」 平成5年度問1 図1のように送電線路の高低差がなく、径間距離が等しい直線の2径聞の中央の支持物$B$において、電線が支持点を脱落した場合、支持点$A$における脱落後の定常状態での電線張力$T_A$は脱落前の何倍になるか。 ただし、弾性の影響は無視するものとする。   図1 径間距離が等しい3点の支持物と電線 電線実長の厳密 […]

  • 2019年5月26日

送電線に侵入する進行波

送電線や機器等へのサージ侵入は、進行波理論を導入することで考えることができる。今回は手計算でもできる電験一種の過去問を例題として考える。 送電線に侵入する進行波:例題 出典:電験一種筆記試験「送配電」 昭和63年問1 図1に示すように,$A,\ B$両送電線が$O$点で連系され、その連系点の電線と大地の間にコンデンサを設置した送電系統がある。 いま、$A$送電線側から波高値$E$の方形波が$O$点 […]

  • 2019年5月25日

電験一種筆記試験「送配電」 年度別出題一覧

電験一種筆記試験「送配電」科目(旧制度)について、年度別過去問リストでまとめたものである。 平成6年度(1994年度) 番号 分野 内容 方式 問1 送電 基幹超高圧架空送電線の保護継電方式 論説 問2 送電 等面積法を用いた安定を保つための相差角 計算 問3 配電 需要家の誘導発電機が並列運転した場合のスポットネットワーク受電点の電圧降下率と限流リアクトル 計算 平成5年度(1993年度) 番号 […]

  • 2019年3月26日

二線断線故障計算の例題

二線断線時の故障計算について、電験一種の過去問(改題)を解いていく。 二線断線故障計算:例題 出典:電験一種筆記試験(旧制度)「送配電」S62問3改題 図1に示すような三相三線式架空配電線路の中間点において、$b,\ c$相二線断線故障が発生した。断線点負荷側に発生する零相電圧を求めよ。ただし、断線点から見た電源側の零相インピーダンスを${_A}\dot{Z_0}[\Omega]$, 正相・逆相イ […]

  • 2019年3月19日

三相短絡故障計算の例題 その1

三相短絡時の故障計算について、例題として電験一種の過去問を解いていく。本問は四端子定数の計算と絡めた問題である。 三相短絡故障計算:例題 出典:電験一種筆記試験(旧制度)「送配電」H3問1 四端子定数が$\dot{A}=\dot{D}=0.97,\ \dot{B}=j53. 3\ \mathrm{\Omega}$および$\dot{C}=j1. 11\times10^{-3}\ \mathrm{S} […]