TAG

第二種電気工事士筆記問21~30

  • 2022年6月27日

第二種電気工事士筆記試験解答・解説【令和4年度上期(午前) 問21~30】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「令和4年度上期(午前) 問21~30」について解説する。 問21 低圧屋内配線の図記号と、それに対する施工方法の組合せとして、正しいものは。  厚鋼電線管で天井隠ぺい配線。    硬質ポリ塩化ビニル電線管で、露出配線。    合成樹脂製可とう電線管で天井隠ぺい配線。    2種金属製可とう電線管で露出配線。   解 […]

  • 2022年1月26日

第二種電気工事士筆記試験解答・解説【令和3年度下期(午後) 問21~30】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「令和3年度下期(午後) 問21~30」について解説する。 問21 単相3線式100/200Vの屋内配線工事で漏電遮断器を省略できないものは。 イ.乾燥した場所の天井に取り付ける照明器具に電気を供給する電路 ロ.小勢力回路の電路 ハ.簡易接触防護措置を施してない場所に施設するライティングダクトの電路 ニ.乾燥した場所に施設した、金属製外箱を有する使用電圧$ […]

  • 2021年11月10日

第二種電気工事士筆記試験解答・解説【令和3年度下期(午前) 問21~30】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「令和3年度下期(午前) 問21~30」について解説する。 問21 使用電圧200Vの三相電動機回路の施工方法で、不適切なものは。 イ.湿気の多い場所に1種金属製可とう電線管を用いた金属可とう電線管工事を行った。 ロ.造営材に沿って取り付けた600Vビニル絶縁ビニルシースケーブルの支持点間の距離を2m以下とした。 ハ.金属管工事に600Vビニル絶縁電線 […]

  • 2021年8月18日

第二種電気工事士筆記試験解答・解説【令和3年度上期(午後) 問21~30】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「令和3年度上期(午後) 問21~30」について解説する。 問21 図に示す一般的な低圧屋内配線の工事で、スイッチボックス部分の回路は。 ただし、ⓐは電源からの非接地側電線(黒色)、ⓑは電源からの接地側電線(白色)を示し、負荷には電源からの接地側電線が直接に結線されているものとする。 なお、パイロットランプは$100\mathrm{V}$用を使用する。 & […]

  • 2021年7月9日

第二種電気工事士筆記試験解答・解説【令和3年度上期(午前) 問21~30】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「令和3年度上期(午前) 問21~30」について解説する。 問21 金属管工事で金属管とアウトレットボックスとを電気的に接続する方法として、施工上、最も適切なものは。     解説 金属管をアウトレットボックスに接続する際には、両者を電気的に接続するためのボンド線が必要となる。 接続方法としては、ボンド線をアウトレットボックス内でねじ止 […]

  • 2021年5月19日

第二種電気工事士筆記試験解答・解説【令和2年度下期(午後) 問21~30】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「令和2年度下期(午後) 問21~30」について解説する。 問21 店舗付き住宅に三相200V,定格消費電力2.8kWのルームエアコンを施設する屋内配線工事の方法として、不適切なものは。 イ.屋内配線には、簡易接触防護措置を施す。 ロ.電路には漏電遮断器を施設する。 ハ.電路には、他負荷の電路と共用の配線用遮断器を施設する。 ニ.ルームエアコンは、屋内配線 […]

  • 2021年1月30日

第二種電気工事士筆記試験解答・解説【令和2年度下期(午前) 問21~30】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「令和2年度下期(午前) 問21~30」について解説する。 問21 店舗付き住宅の屋内に三相200Vのルームエアコンを施設した。工事方法として、適切なものは。 ただし、三相電源の対地電圧は200Vで、ルームエアコンおよび配線は簡易接触防護措置を施すものとする。 イ.定格消費電力が1.5kWのルームエアコンに供給する電路に、専用の配線用遮断器を取り付け、合成 […]

  • 2020年11月22日

第二種電気工事士筆記試験解答・解説【平成25年度下期 問21~30】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「平成25年度下期 問21~30」について解説する。 問21 木造住宅の金属板張りの外壁(金属系サイディング)を貫通する部分の低圧屋内配線工事として、適切なものは。 ただし、金属管工事、金属可とう電線管工事に使用する電線は、$600\mathrm{V}$ビニル絶縁電線とする。 イ.金属管工事とし、金属板張りの外壁と電気的に完全に接続された金属管にD種接地工 […]

  • 2020年9月15日

第二種電気工事士筆記試験解答・解説【平成25年度上期 問21~30】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「平成25年度上期 問21~30」について解説する。 問21 低圧屋内配線の図記号と、それに対する施工方法の組合せとして、正しいものは。 イ.外径19mmの薄鋼電線管で露出配線として工事した。   ロ.内径16mmの合成樹脂製可とう電線管で天井隠ぺい配線として工事した。   ハ.内径16mmの硬質塩化ビニル電線管で露出配線として工事した […]

  • 2020年7月15日

第二種電気工事士筆記試験解答・解説【平成26年度下期 問21~30】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「平成26年度上期 問21~30」について解説する。 問21 硬質塩化ビニル電線管による合成樹脂管工事として、不適切なものは。 イ.管相互および管とボックスとの接続で、接着剤を使用しないで管の差込み深さを管の外径の$0.8$倍とした。 ロ.管の支持点間の距離は$1\mathrm{m}$とした。 ハ.湿気の多い場所に施設した管とボックスとの接続箇所に、防湿装 […]