2019年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.5

本記事では、2019年度第二種電気工事士技能試験において、電気技術者試験センターから公表されている候補問題のうち、No.5について取り上げる。

※この記事は旧電気ライブラリーに掲載されていたもののリライト記事になります。

スポンサーリンク

解説動画

本動画では、複線図を書く手順と作業の流れを解説している。

関連記事

本記事では電気工事士の技能試験で行う単一作業を動画で解説している。試験勉強に活用してほしい。これらの動画の著作権については、電気ライブラリーからの譲渡をもって、現在は「電気の神髄」に帰属します。VVFストリッパーの使用方法V[…]

単線図

図1に本問の単線図、および図2に配電用遮断器および漏電遮断器代用の端子台の説明図を示す。各図は電気技術者試験センターから公表されている。

図1の記載寸法は過去の問題を元に独自に予想したものであり、試験当日は問題をよく読んでから作業を開始してほしい。

 

図1 単線図

 

図2 配電用遮断器および漏電遮断器代用の端子台の説明図

施工条件

下記に本問の施工条件を示す。

  1. 配線および器具の配置は、図1に従って行う。
  2. 配線用遮断器、漏電遮断器および接地端子代用の端子台は、図2に従って使用すること。
  3. 100V回路の電源からの接地側電線には、すべて白線を使用する。
  4. 100V回路の電源から点滅器およびコンセントまでの非接地側電線には、すべて黒線を使用する。
  5. ランプレセプタクルの受金ねじ部の端子には白線を結線する。
  6. コンセントの接地側極端子(Wの表示)には白線を結線する。
  7. 接地線には、緑色を使用する。
  8. 配線用遮断器(端子台)の記号Nの端子には、白線を結線する。
  9. VVF用ジョイントボックスを経由する電線は、すべて接続箇所を設けること。
  10. 4本の接続箇所は、差込形コネクタによる接続とする。
  11. その他の接続箇所は、リングスリーブによる終端接続とする。
  12. 埋込連用取付枠はタンブラスイッチおよびコンセント部分に使用すること。
  13. 「ロ」のタンブラスイッチは取付枠の中央に取り付けること。
  14. ランプレセプタクルは、台座のケーブル引込口を欠かずに、ケーブルを下部から挿入して使用すること。

この施工条件は候補問題および過去の問題から予想して作成したものであり、実際の問題と表現の方法が少し異なるが、大きく変わることはない。

試験当日は、接続方法などが変わることがあるため、施工条件をよく読んでから作業を開始してほしい。

 

スポンサーリンク

使用材料

表1に本問の使用材料を示す。

 

表1 使用材料

材料名寸法[mm]数量
600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル(VVF)青色 平形2.0mm 2心3501本
600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル(VVF) 平形2.0mm 3心(黒、赤、緑)3501本
600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル(VVF) 平形1.6mm 2心16501本
ランプレセプタクル1個
端子台(5極)(用途:配線用遮断器、漏電遮断器および接地端子の代用)1個
タンブラスイッチ2個
埋込連用コンセント1個
埋込コンセント(20A250V 接地極付き)1個
埋込連用取付枠1枚
リングスリーブ(小サイズ)3個
差込形コネクタ(4本用)1個

 

表1の使用材料は、候補問題および過去の問題から予想して作成したものである。

支給される器具やケーブルの寸法は大きく変わることはないが、接続方法によりリングスリーブや差込形コネクタの個数が変わる可能性がある。

試験当日は、問題に記載されている支給材料を良く確認してほしい。

複線図

図3に公表されている単線図を元に作成した複線図を示す。

図3 複線図

 

複線図を書かなくても作業は可能だが、接続間違いや刻印間違いを防止するために複線図を書くことをお勧めする。

練習を重ねれば、1~3分程度で書くことができる。定規やカラーペンを使って丁寧に書く必要はないので、電線の本数と色、刻印が分かるように書くこと。

動画では、音声付きで書く手順を解説しているので、参考にしてほしい。

候補問題一覧

2019年度の第二種電気工事士技能試験の候補問題について、施工条件・使用材料・複線図の書き方を解説している。試験勉強に活用してほしい。 [sitecard subtitle=候補問題No.1 url="ht[…]

 

電気工事士試験の関連記事はこちら↓

電気工事士

電気工事士向けコンテンツの一覧と、第二種電気工事試験について記載する。※こちらのコンテンツは、基本的に旧電気ライブラリーに掲載されていたもののリライト記事になります。試験内容について第二種電気工事士の資格を取得するには、試験[…]

スポンサーリンク