【鑑別】スイッチの名称と用途【電気工事士向け】

第二種電気工事士の鑑別問題対策として、スイッチの名称と用途をまとめる。





単極スイッチ(埋込形)

照明等の器具をON/OFFするために使用するスイッチである。

 

単極スイッチ(露出形)

照明等の器具をON/OFFするために使用する露出形のスイッチである。

 

2極スイッチ(両切りスイッチ)

器具をON/OFFするために使用する2極のスイッチである。主に$200\mathrm{V}$の機器に使用される。

 

3路スイッチ

照明等の器具を2箇所からON/OFFするために使用するスイッチである。

 

4路スイッチ

照明等の器具を3箇所以上の場所からON/OFFするために使用するスイッチである。

 

位置表示灯内蔵スイッチ(パイロットランプ)

表示灯が内蔵されているスイッチである。

スイッチがOFFのとき表示灯が点灯/ONのとき消灯する。

 

確認表示灯内蔵スイッチ(同時点滅)

表示灯が内蔵されているスイッチである。

スイッチをONにすると、表示灯が点灯する。

 

 

リモコンスイッチ

リモコンリレーを操作するために使用するスイッチである。

 

自動点滅器

左:リード線式 右:プラグイン式

周囲の明るさによって照明器具をON/OFFさせるスイッチである。玄関照明などで使用される。

 

プルスイッチ

ひもを引いて機器をON/OFFさせるスイッチである。

 

タイムスイッチ

予め設定した時間に機器を自動的にON/OFFさせるスイッチである。

 

電磁開閉器用押しボタン

電磁開閉器を操作するために使用するスイッチである。

 

フロートスイッチ

液面の高さを検知するスイッチである。

 

フロートレススイッチ

電極間に流れる電流により、液面の高さを検知するスイッチである。

 

調光器

照明器具の明るさを調整するため使用される。

 

関連記事

第二種電気工事士の筆記試験では、器具や工具などの写真や配線図記号を見て、名称や用途を選ぶ問題が出題される。特に配線図問題では、図記号で示す器具を写真の中から選ぶ問題が多く出題される。写真・名称・図記号・用途などをセットで覚え[…]

電気工事士

電気工事士向けコンテンツの一覧と、第二種電気工事試験について記載する。 試験内容について第二種電気工事士の資格を取得するには、試験を受けて合格する方法と、所定の学校(経済産業大臣が指定した電気工事士養成施設)に通い[…]