第二種電気工事士筆記試験解答・解説【令和2年度下期(午後) 問21~30】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「令和2年度下期(午後) 問21~30」について解説する。





問21

店舗付き住宅に三相$200\mathrm{V}$,定格消費電力$2.8\mathrm{kW}$のルームエアコンを施設する屋内配線工事の方法として、不適切なものは。

イ.屋内配線には、簡易接触防護措置を施す。

ロ.電路には漏電遮断器を施設する。

ハ.電路には、他負荷の電路と共用の配線用遮断器を施設する。

ニ.ルームエアコンは、屋内配線と直接接続して施設する。

 

解説

住宅の屋内電路の対地電圧は原則として$150\mathrm{V}$以下にしなければならないが、この場合、電路には専用の配線用遮断器を施設する必要がある

よって「ハ」は不適切である。

 

類題

 

問22

機械器具の金属製外箱に施すD種接地工事に関する記述で、不適切なものは。

イ.一次側$200\mathrm{V}$,二次側$100\mathrm{V}$,$3\mathrm{kV\cdot A}$の絶縁変圧器(二次側非接地)の二次側電路に電動丸のこぎりを接続し、接地を施さないで使用した。

ロ.三相$200\mathrm{V}$定格出力$0.75\mathrm{kW}$電動機外箱の接地線に直径$1.6\mathrm{mm}$のIV電線(軟銅線)を使用した。

ハ.単相$100\mathrm{V}$移動式の電気ドリル(一重絶縁)の接地線として多心コードの断面積$0.75\mathrm{mm^2}$の1心を使用した。

ニ.単相$100\mathrm{V}$定格出力$0.4\mathrm{kW}$の電動機を水気のある場所に設置し、定格感度電流$15\mathrm{mA}$,動作時間$0.1$秒の電流動作型漏電遮断器を取り付けたので、接地工事を省略した。

 

解説

D種接地工事は下記の場合に省略できる。

  • 対地電圧$150\mathrm{V}$以下の機器を、乾燥した場所に設置。
  • 乾燥した木製の床など、絶縁性のものの上で取り扱う。
  • 水気のある場所以外に設置した機器に、漏電遮断器(感度電流$15\mathrm{mA}$以下、動作時間$0.1$秒以内)を施設。
  • 二重絶縁構造の機器。

 

選択肢のうちイ、ロ、ハについては適切であり省略できる。

「ニ」水気のある場所に設置しているので不適切である。

 

関連記事

 

類題

 

問23

電磁的不平衡を生じないように、電線を金属管に挿入する方法として、適切なものは。

 

解説

電磁的不平衡を生じないようにするには、往復線を同一管内に収める。

  1. 単相2線式では2本
  2. 単相3線式では3本
  3. 三相3線式では3本
  4. 三相4線式では4本

その回路のすべての電線を同一管内に収める。

ロ、ハ、ニは不適切である。

 

一方、イのように三相用負荷、単相用負荷への回線をそれぞれ別の管内に収める方法は正しい。

よって「イ」が正解となる。

 

類題

 

問24

回路計(テスタ)に関する記述として、正しいものは。

イ.アナログ式で交流又は直流電圧を測定する場合は、あらかじめ想定される値の直近上位のレンジを選定して使用する。

ロ.抵抗を測定する場合の回路計の端子における出力電圧は、交流電圧である。

ハ.ディジタル式は電池を内蔵しているが、アナログ式は電池を必要としない。

ニ.電路と大地間の抵抗測定を行った。その測定値は電路の絶縁抵抗値として使用してよい。

 

解説

すべての選択肢についてみていくと、次の通りになる。

  • イについて、電圧測定の場合、あらかじめ想定される値の直近上位のレンジを選定する。
  • ロについて、抵抗測定の場合の回路計の端子における出力電圧は、直流電圧である。
  • ハについて、回路計(テスタ)の電源は電池である。
  • ニについて、絶縁抵抗の測定は、回路計でなく絶縁抵抗計を用いる。

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問25

単相3線式$100/200\mathrm{V}$の屋内配線において、開閉器又は過電流遮断器で区切ることができる電路ごとの絶縁抵抗の最小値として、「電気設備に関する技術基準を定める省令」に規定されている値$[\mathrm{M\Omega}]$の組合せで、正しいものは。

イ.電路と大地間 $0.2$  電線相互間 $0.4$

ロ.電路と大地間 $0.2$  電線相互間 $0.2$

ハ.電路と大地間 $0.1$  電線相互間 $0.1$

ニ.電路と大地間 $0.1$  電線相互間 $0.2$

 

解説

使用電圧$300\mathrm{V}$以下、対地電圧$150\mathrm{V}$以下で、開閉器または過電流遮断器で区切ることができる電路ごとの絶縁抵抗値は、電路と大地間は $\boldsymbol{0.1\mathrm{M\Omega}}$以上、電線相互間も同様に$\boldsymbol{0.1\mathrm{M\Omega}}$以上である。

 

問題の単相3線式$100/200\mathrm{V}$の屋内配線は上記に該当するため、「ハ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

 

問26

直読式接地抵抗計(アーステスタ)を使用して直読で接地抵抗を測定する場合、補助接地極(2箇所)の配置として、適切なものは。

イ.被測定接地極を端とし、一直線上に2箇所の補助接地極を順次$10\mathrm{m}$程度離して配置する。

ロ.被測定接地極を中央にして、左右一直線上に補助接地極を$5\mathrm{m}$程度離して配置する。

ハ.被測定接地極を端とし、一直線上に2箇所の補助接地極を順次$1\mathrm{m}$程度離して配置する。

ニ.被測定接地極と2箇所の補助接地極を相互に$5\mathrm{m}$程度離して正三角形に配置する。

 

解説

直読式接地抵抗計を使用して接地抵抗を測定するときは、被測定接地極E,補助接地極P(電圧用),補助接地極C(電流用)をそれぞれ一直線上に$\boldsymbol{10\mathrm{m}}$程度離れた位置に配置する。

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問27

導通試験の目的として、誤っているものは。

イ.電路の充電の有無を確認する。

ロ.器具への結線の未接続を発見する。

ハ.電線の断線を発見する。

ニ.回路の接続の正誤を判別する。

 

解説

導通試験の目的は下記となる。

  • 器具との結線の未接続を発見する。
  • 電線の断線を発見する。
  • 回路の接続の正誤を判別する。

 

イの「電路の充電の有無」は検電器を用いて確認するため、導通試験とは無関係である。

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問28

電気の保安に関する法令についての記述として、誤っているものは。

イ.「電気工事士法」は、電気工事の作業に従事する者の資格及び義務を定めた法律である。

ロ.一般用電気工作物の定義は、「電気設備に関する技術基準を定める省令」において定めている。

ハ.「電気用品安全法」は、電気用品の製造、販売等を規制することなどにより、電気用品による危険及び障害の発生を防止することを目的とした法律である。

ニ.「電気用品安全法」では、電気工事士は、同法に基づく表示のない電気用品を電気工事に使用してはならないと定めている。

 

解説

一般用電気工作物の定義がなされているのは「電気事業法」である

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問29

電気用品安全法において、特定電気用品の適用を受けるものは。

イ.外径$25\mathrm{mm}$の金属製電線管

ロ.定格電流$60\mathrm{A}$の配線用遮断器

ハ.ケーブル配線用スイッチボックス

ニ.公称断面積$150\mathrm{mm^2}$の合成樹脂絶縁電線

 

解説

特定電気用品を問う問題である。

 

イ、ハ、ニは、特定電気用品以外の電気用品である。

ロの定格電流$100\mathrm{A}$以下の配線用遮断器は特定電気用品に該当する。

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問30

一般用電気工作物の適用を受けるものは。

ただし、発電設備は電圧$600\mathrm{V}$以下で、同一構内に設置するものとする。

イ.低圧受電で、受電電力の容量が$40\mathrm{kW}$,出力$15\mathrm{kW}$の非常用内燃力発電設備を備えた映画館

ロ.高圧受電で、受電電力の容量が$55\mathrm{kW}$の機械工場

ハ.低圧受電で、受電電力の容量が$40\mathrm{kW}$,出力$15\mathrm{kW}$の太陽電池発電設備を備えた幼稚園

ニ.高圧受電で、受電電力の容量が$55\mathrm{kW}$のコンビニエンスストア

 

解説

一般用電気工作物の適用を受けるものは、低圧受電するものである。

ロ、ニはいずれも高圧受電であるから、不適切である。

また、出力$10\mathrm{kW}$未満の非常用内燃力発電設備は小出力発電設備に該当するが、イは出力$15\mathrm{kW}$であるから不適切である。

 

一方、太陽電池発電設備は出力が$50\mathrm{kW}$未満であれば小出力発電設備に該当し、一般用電気工作物の適用を受ける。

よって「ハ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

この年度の他の問題

 

電工二種DB

技能試験 2020年度候補問題 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.1 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.2 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題N[…]

 

第二種電気工事士技能試験の練習用セットを販売している「電材館プロ」様より、本サイトの記事を参考に技能試験対策用のオリジナル冊子を作成していただいています。

こちらの技能試験練習セットをご購入の方に無料で配布しておりますので、ぜひチェックしてみてください!