第二種電気工事士筆記試験解答・解説【令和2年度下期(午前) 問31~40】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「令和2年度下期(午前) 問31~40」について解説する。





配線図

図は、木造2階建住宅及び車庫の配線図である。

この図に関する次の各問いには4通りの答え(イ、ロ、ハ、ニ)が書いてある。

それぞれの問いに対して、答えを1つ選びなさい。

 

注意

  1. 屋内配線の工事は、特記のある場合を除き$600\mathrm{V}$ビニル絶縁ビニルシースケーブル平形(VVF)を用いたケーブル工事である。
  2. 屋内配線等の電線の本数、電線の太さ、その他、問いに直接関係のない部分等は省略又は簡略化してある。
  3. 漏電遮断器は、定格感度電流$30\mathrm{mA}$,動作時間$0.1$秒以内のものを使用している。
  4. 選択肢(答え)の写真にあるコンセント及び点滅器は、「JIS C 0303:2000 構内電気設備の配線用図記号」で示す「一般形」である。
  5. 分電盤の外箱は合成樹脂製である。
  6. ジョイントボックスを経由する電線は、すべて接続箇所を設けている。
  7. 3路スイッチの記号「0」の端子には、電源側又は負荷側の電線を結線する。

 

問31

①で示す図記号の器具の種類は。

イ.シーリング(天井直付)

ロ.ペンダント

ハ.埋込器具

ニ.引掛シーリング(丸)

 

解説

①で示す図記号はシーリング(天井直付)である。

 

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問32

②で示す部分の最少電線本数(心線数)は。

イ.$2$  ロ.$3$  ハ.$4$  ニ.$5$

 

解説

②(および⑫,⑬)で示す部分を含む複線結線図を示す。

 

 

複線図より、②で示す部分の最少電線本数(心線数)は$3$本である。

よって「ロ」が正解となる。

 

類題

 

問33

③で示す部分の小勢力回路で使用できる電線(軟銅線)の導体の最小直径$[\mathrm{mm}]$は。

イ.$0.5$  ロ.$0.8$  ハ.$1.2$  ニ.$1.6$

 

解説

「小勢力回路」の規定は下記の通り。

  • 二次電圧は$60\mathrm{V}$以下。
  • 「屋内」では「直径$0.8\mathrm{mm}$以上」の軟銅線を使用すること。
  • 「架空施設」では、電線の太さは「直径$1.2\mathrm{mm}$以上」を使用すること。

 

上記の2番目の規定より「ロ」が正解となる。

 

類題

 

問34

④で示す部分はルームエアコンの屋外ユニットである。

その図記号の傍記表示は。

イ.$\mathrm{O}$  ロ.$\mathrm{B}$  ハ.$\mathrm{I}$  ニ.$\mathrm{R}$

 

解説

ルームエアコンのユニット傍記表示は、下記の通り。

  • 屋内ユニットであれば、インドアの頭文字で「$\mathrm{I}$」である。
  • 屋外ユニットであれば、アウトドアの頭文字で「$\mathrm{O}$」である。

 

ルームエアコンの屋外ユニットであれば、傍記表示は「$\mathrm{O}$」である。

よって、「イ」が正解である。

 

関連記事

 

類題

 

問35

⑤で示す部分の電路と大地間の絶縁抵抗として、許容される最小値$[\mathrm{M\Omega}]$は。

イ.$0.1$  ロ.$0.2$  ハ.$0.4$  ニ.$1.0$

 

解説

⑤で示す部分は単相3線式$100/200\mathrm{V}$であるから、この部分の電路と大地間の絶縁抵抗値は$0.1\mathrm{M\Omega}$以上でなければならない。

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

 

問36

⑥で示す部分の接地工事の種類及びその接地抵抗の許容される最大値$[\Omega]$の組合せとして、正しいものは。

イ.C種接地工事 $10\Omega$

ロ.C種接地工事 $50\Omega$

ハ.D種接地工事 $100\Omega$

ニ.D種接地工事 $500\Omega$

 

解説

⑥は単相3線式$100/200\mathrm{V}$の電路であり、使用電圧は$300\mathrm{V}$以下である。

電技解釈第29条により、使用電圧$300\mathrm{V}$以下の場合、D種接地工事を施す。

また、配線図の「注意」より、$0.5$秒以内に動作する漏電遮断器が施設されていているので、電技解釈第17条により接地抵抗値は$\boldsymbol{500\Omega}$以下となる。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問37

⑦で示す部分に使用できる電線は。

イ.ゴム絶縁丸打コード

ロ.引込用ビニル絶縁電線

ハ.架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル

ニ.屋外用ビニル絶縁電線

 

解説

使用できるのは地中埋設配線であり、この場合はケーブルを使用しなければならないと電技解釈21条で定められている。

よって、選択肢のうち使用できるのは「ハ」となる。

 

関連記事

 

類題

 

問38

⑧で示す引込口開閉器が省略できる場合の、住宅と車庫との間の電路の長さの最大値$[\mathrm{m}]$は。

イ.$8$  ロ.$10$  ハ.$15$  ニ.$20$

 

解説

⑧のように離れた車庫に電線を引込む場合、引込口開閉器が省略できる径間は$\boldsymbol{15\mathrm{m}}$以下である。

 

なお、解釈第147条より、省略できる条件は下記となる。

  • 使用電圧は$300\mathrm{V}$以下
  • 引込口に近い開閉できる場所に引込開閉器(開閉器と過電流遮断器)を設置。
  • 屋外配線が$15\mathrm{m}$以下。

 

よって「ハ」が正解となる。

 

類題

 

問39

⑨で示す部分の配線工事で用いる管の種類は。

イ.耐衝撃性硬質塩化ビニル電線管

ロ.波付硬質合成樹脂管

ハ.硬質塩化ビニル電線管

ニ.合成樹脂製可とう電線管

 

解説

⑨で示す部分には「PF22」と書かれているので、合成樹脂製可とう電線管(PF管)が使用される。

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問40

⑩で示す部分の工事方法として、適切なものは。

イ.金属線ぴ工事

ロ.ケーブル工事(VVR)

ハ.金属ダクト工事

ニ.金属管工事

 

解説

⑩で示す部分は、木造住宅の低圧屋側電線路を表す。

木造住宅の低圧屋側電線路の配線工事は、がいし引き工事・合成樹脂管工事・ケーブル工事のいずれかでなければならない。

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

この年度の他の問題

 

電工二種DB

技能試験 2020年度候補問題 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.1 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.2 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題N[…]

 

第二種電気工事士技能試験の練習用セットを販売している「電材館プロ」様より、本サイトの記事を参考に技能試験対策用のオリジナル冊子を作成していただいています。

こちらの技能試験練習セットをご購入の方に無料で配布しておりますので、ぜひチェックしてみてください!