第二種電気工事士筆記試験解答・解説【平成25年度上期 問11~20】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「平成25年度上期 問11~20」について解説する。





問11

電気工事の種類と、その工事で使用する工具の組合せとして、適切なものは。

イ.金属管工事とリーマ

ロ.合成樹脂管工事とパイプベンダ

ハ.金属線ぴ工事とボルトクリッパ

ニ.バスダクト工事と圧着ペンチ

 

解説

金属管工事において、リーマはクリックボールに取り付けて、金属管内側の面取りをするときに使用される。

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問12

低圧屋内配線として使用する$600\mathrm{V}$ビニル絶縁電線(lV)の絶縁物の最高許容温度$[^\circ\mathrm{C}]$は。

イ.$30$  ロ.$45$  ハ.$60$  ニ.$75$

 

解説

$600\mathrm{V}$ビニル絶縁電線の絶縁物の最高許容温度は$\boldsymbol{60^\circ\mathrm{C}}$である。

よって「ハ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問13

一般用低圧三相かご形誘導電動機に関する記述で、誤っているものは。

イ.じか入れ(全電圧)始動での始動電流は全負荷電流の$4\sim8$倍程度である。

ロ.電源の周波数が$60\mathrm{Hz}$から$50\mathrm{Hz}$に変わると回転速度が増加する。

ハ.負荷が増加すると回転速度がやや低下する。

ニ.3本の結線のうちいずれか2本を入れ替えると逆回転する。

 

解説

三相かご形誘導電動機の回転速度$N[\mathrm{min^{-1}}]$は、周波数を$f[\mathrm{Hz}]$,極数を$p$とすると、$\displaystyle{N=120f/p}$で表わされる。

上式より、回転速度$N$は周波数$f$に比例する。

電源の周波数が$60\mathrm{Hz}$から$50\mathrm{Hz}$に変わると、回転数は減少する

 

よって「ロ」は誤りである。

 

類題

 

問14

点灯管を用いる蛍光灯と比較して、高周波点灯専用形の蛍光灯の特徴として、誤っているものは。

イ.ちらつきが少ない。

ロ.発光効率が高い。

ハ.インバータが使用されている。

ニ.点灯に要する時間が長い。

 

解説

高周波点灯専用形(インバータ形)蛍光灯を、点灯管を用いる蛍光灯と比べた特徴は、次のようになる。

  •  ちらつきが少ない。
  •  発光効率が高い。
  •  点灯に要する時間が短い。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問15

写真に示す器具の〇で囲まれた部分の名称は。

 

 

イ.電磁接触器

ロ.漏電遮断器

ハ.熱動継電器

ニ.漏電警報器

 

解説

写真で示す器具は、上部の電磁接触器と下部の熱動継電器(サーマルリレー)を組み合わせた電磁開閉器である。

〇で囲まれた器具は、電磁接触器である。

 

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

 

問16

写真に示す測定器の名称は。

 

 

イ.回路計

ロ.周波数計

ハ.接地抵抗計

ニ.照度計

 

解説

写真に示す測定器は照度計であり、照度$[\mathrm{lx}]$を測定するのに用いられる。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問17

写真に示す器具の用途は。

 

 

イ.床下等湿気の多い場所の配線器具として用いる。

ロ.店舗などで照明器具等を任意の位置で使用する場合に用いる。

ハ.フロアダクトと分電盤の接続器具に用いる。

ニ.容量の大きな幹線用配線材料として用いる。

 

解説

写真の器具はライティングダクトである。

工場・店舗などに多く用いられ、任意の位置にコンセントや照明を取り付けることができる。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

調査中

 

問18

写真に示す器具の用途は。

 

 

イ.白熱電灯の明るさを調節するのに用いる。

ロ.人の接近による自動点滅に用いる。

ハ.蛍光灯の力率改善に用いる。

ニ.周囲の明るさに応じて屋外灯などを自動点滅させるのに用いる。

 

解説

写真の器具は自動点滅器である。

周囲の明るさによって、自動的に屋外灯などの照明を点滅する。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

調査中

 

問19

使用電圧$100\mathrm{V}$の低圧屋内配線工事で、不適切なものは

イ.ケーブル工事で、ビニル外装ケーブルとガス管が接触しないように施設した。

ロ.フロアダクト工事で、ダクトの長さが短いのでD種接地工事を省略した。

ハ.金属管工事で、ワイヤラス張りの貫通箇所のワイヤラスを十分に切り開き、貰通部分の金属管を合成樹脂管に収めた。

ニ.合成樹脂管工事で、その管の支持点間の距離を$1.5\mathrm{m}$とした。

 

解説

  • イのケーブル工事の記述は、ビニル外装ケーブルとガス管が接触しないように施設するので、適切である。
  • ロのフロアダクト工事の記述は、ダクトの長さに関係なくD種接地工事をしなくてはならないので、不適切である。
  • ハの金属管工事の記述は、ワイヤラス張りの貫通箇所のワイヤラスを十分に切り開き貫通部分の金属管を合成樹脂管に収めているので、適切である。
  • ニの合成樹脂管工事の記述では、その間の支持点間の距離を$1.5\mathrm{m}$以下としているので適切である。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

問20

屋内の管灯回路の使用電圧が$1000\mathrm{V}$を超えるネオン放電灯の工事として、 不適切なものは。

ただし、簡易接触防護措置が施してあるもの(人が容易に触れるおそれがないもの)とする。

イ.ネオン変圧器への$100\mathrm{V}$電源回路は、専用回路とし、$20\mathrm{A}$配線用遮断器を設置した。

ロ.ネオン変圧器の二次側(管灯回路)の配線を、点検できない隠ぺい場所に施設した。

ハ.ネオン変圧器の金属製外箱にD種接地工事を施した。

ニ.ネオン変圧器の二次側(管灯回路)の配線を、ネオン電線を使用し、がいし引き工事により施設し、電線の支持点間の距離を$1\mathrm{m}$とした。

 

解説

選択肢のうち、ロはがいし引き工事の規定に従うので、展開した場所か点検できる隠ぺい場所に限る。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

 

類題

 

この年度の他の問題

 

電工二種DB

技能試験 2020年度候補問題 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.1 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.2 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題N[…]