第二種電気工事士筆記試験解答・解説【平成27年度下期 問31~40】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「平成27年度下期 問31~40」について解説する。





配線図

図は、木造2階建住宅の配線図である。

この図に関する次の各問いには4通りの答え(イ、ロ、ハ、ニ)が書いてある。

それぞれの問いに対して、答えを1つ選びなさい。

 

注意

  1. 屋内配線の工事は、特記のある場合を除き$600\mathrm{V}$ビニル絶縁ビニルシースケーブル平形(VVF)を用いたケーブル工事である。
  2. 屋内配線等の電線の本数、電線の太さ、その他、問いに直接関係のない部分等は省略又は簡略化しである。
  3. 漏電遮断器は、定格感度電流$30\mathrm{mA}$,動作時間$0.1$秒以内のものを使用している。
  4. 選択肢(答え)の写真にあるコンセント及び点滅器は、「JIS C 0303:2000 構内電気設備の配線用図記号」で示す「一般形」である。

 

 

問31

問題

①で示す部分の工事方法として、適切なものは。

イ.金属線ぴ工事

ロ.金属管工事

ハ.金属ダクト工事

ニ.$600\mathrm{V}$ビニル絶縁ビニルシースケーブル丸形を使用したケーブル工事

 

解説

①で示す部分は、木造住宅の低圧屋側電線路を表す。

 

引込口配線(屋側配線)は、下記の各工事によらなければならない。

  • がいし引き工事(展開した場所に限る)
  • 合成樹脂管工事
  • 金属管工事(木造以外の造営物に施設する場合に限る)
  • ケーブル工事(鉛被ケーブルなど金属製外被のあるものは、木造以外の造営物に施設する場合に限る)
  • バスダクト工事(木造以外の造営物で、点検できない隠ぺい場所以外)

 

以上より、木造住宅の低圧屋側電線路の配線工事は、がいし引き工事・合成樹脂管工事・ケーブル工事のいずれかでなければならない。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

低圧屋内配線工事について、各工事の種類を電技・解釈に基づいて解説する。[afTag id=11282]屋内配線を施工できる場所と工事方法(電技・解釈 第156条)電気設備技術基準の解釈156条により、屋内配線は施工場所によっ[…]

 

問32

問題

②で示す図記号の器具の取り付け位置は。

イ.天井付  ロ.壁付  ハ.床付  ニ.天井埋込

 

解説

②で示す図記号は、壁付白熱灯である。

 

 

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

第二種電気工事士の筆記試験では配線図問題が20問出題されるため、配線図記号を覚えておくことは筆記試験を突破する上でとても重要である。配線図問題では、配線図に示されている図記号の名称や用途・写真等を選択する問題が出題される。本[…]

 

問33

問題

③で示す図記号の器具の種類は。

イ.接地端子付コンセント

ロ.接地極付接地端子付コンセント

ハ.接地極付コンセント

ニ.漏電遮断器付コンセント

 

解説

③で示す図記号のコンセントの傍記「EET」は、「E」の接地極付と「ET」の接地端子付の両方があることを示す。

 

 

なお、イは「ET」,ハは「E」,ニは「EL」の傍記となる。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

第二種電気工事士の筆記試験では配線図問題が20問出題されるため、配線図記号を覚えておくことは筆記試験を突破する上でとても重要である。配線図問題では、配線図に示されている図記号の名称や用途・写真等を選択する問題が出題される。本[…]

 

問34

問題

④で示す図記号の名称は。

イ.金属線ぴ

ロ.フロアダクト

ハ.ライテイングダクト

ニ.合成樹脂線ぴ

 

解説

④で示す図記号の傍記「LD」は、下表よりライティングダクトを示す。

 

図記号名称
E鋼製電線管(ねじなし電線管)
なし(数字のみ)鋼製電線管(薄鋼電線管)
F22種金属製可とう電線管
PF合成樹脂製可とう電線管(PF管)
CD合成樹脂製可とう電線管(CD管)
VE硬質塩化ビニル電線管(VE管)
HIVE耐衝撃性硬質塩化ビニル電線管
HIVP耐衝撃性硬質塩化ビニル管
FEP波付硬質合成樹脂管
MM11種金属線ぴ
MM22種金属線ぴ
Fフロアダクト
LDライティングダクト

 

よって「ハ」が正解となる。

 

問35

問題

⑤で示す部分の小勢力回路で使用できる電圧の最大値$[\mathrm{V}]$は。

イ.$24$  ロ.$30$  ハ.$40$  ニ.$60$

 

解説

「小勢力回路」の規定に関する問題である。

 

「小勢力回路」の規定は下記の通り。

  • 二次電圧は$60\mathrm{V}$以下。
  • 「屋内」では「直径$0.8\mathrm{mm}$以上」の軟銅線を使用すること。
  • 「架空施設」では、電線の太さは「直径$1.2\mathrm{mm}$以上」を使用すること。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

 

問36

問題

⑥で示す図記号の名称は。

イ.ジョイントボックス

ロ.VVF用ジョイントボックス

ハ.プルボックス

ニ.ジャンクションボックス

 

解説

⑥で示す図記号は、VVF用ジョイントボックスである。

 

  • イのジョイントボックス(アウトレットボックス)は下記の図記号である。

  • ハのプルボックスは下記の図記号である。

  • ニのジャンクションボックスは、フロアダクト工事に用いる材料である。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

関連記事

第二種電気工事士の筆記試験では配線図問題が20問出題されるため、配線図記号を覚えておくことは筆記試験を突破する上でとても重要である。配線図問題では、配線図に示されている図記号の名称や用途・写真等を選択する問題が出題される。本[…]

 

問37

問題

①で示す部分の最少電線本数(心線数)は。

ただし、電源からの接地側電線は、スイッチを経由しないで照明器具に配線する。

イ.$3$  ロ.$4$  ハ.$5$  ニ.$6$

 

解説

まず ジョイントボックスを中心とする接続に関係する部分について、⑦を含む回路の複線結線図を示す。

 

 

図の⑦で示す部分の最少電線本数(心線数)は$\boldsymbol{3}$である。

よって「ロ」が正解となる。

 

問38

問題

⑧で示す図記号(♦)の名称は。

イ.一般形点滅器

ロ.一般形調光器

ハ.ワイドハンドル形点滅器

ニ.ワイド形調光器

 

解説

⑧で示す図記号は、ワイドハンドル形スイッチである。

 

  • イの点滅器は下記の図記号である。

  • ロの調光器は下記の図記号である。

  • ニのワイド形調光器は下記の図記号である。

 

よって「ハ」が正解となる。

 

関連記事

第二種電気工事士の筆記試験では配線図問題が20問出題されるため、配線図記号を覚えておくことは筆記試験を突破する上でとても重要である。配線図問題では、配線図に示されている図記号の名称や用途・写真等を選択する問題が出題される。本[…]

 

問39

問題

⑧で示す部分の電路と大地問の絶縁抵抗として、許容される最小値$[\mathrm{M\Omega}]$は。

イ.$0.1$  ロ.$0.2$  ハ.$0.3$  ニ.$0.4$

 

解説

⑧で示す部分の接地工事は三相3線式$200\mathrm{V}$であるから、使用電圧$300\mathrm{V}$以下/対地電圧$150\mathrm{V}$以下に該当し、この部分の電路と大地間の絶縁抵抗値は$0.1\mathrm{M\Omega}$以上でなければならない。

 

よって「イ」が正解となる。

 

関連記事

本記事では、接地工事の種類と工事内容、接地抵抗測定について記載する。[afTag id=11282]接地工事の種類接地工事とは、感電や漏電を防止したり、保護装置などを正常に動作させるために施す工事で、機器接地と系統接地がある[…]

 

問40

問題

⑩で示す部分の接地工事の種類は。

イ.A種接地工事

ロ.B種接地工事

ハ.C種接地工事

ニ.D種接地工事

 

解説

単相2線式$200\mathrm{V}$の深夜電力利用の電気温水器の接地工事である。

$300\mathrm{V}$以下の低圧機器の鉄台等への接地工事に該当するので、D種接地工事となる。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

関連記事

本記事では、接地工事の種類と工事内容、接地抵抗測定について記載する。[afTag id=11282]接地工事の種類接地工事とは、感電や漏電を防止したり、保護装置などを正常に動作させるために施す工事で、機器接地と系統接地がある[…]

 

この年度の他の問題

 

電工二種DB

技能試験 2020年度候補問題 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.1 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題No.2 2020年度第二種電気工事士技能試験 候補問題N[…]