第二種電気工事士筆記試験問題・解説【平成28年度下期 問41~50】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「平成28年度下期 問41~50について解説する。





配線図

図は、鉄骨軽量コンクリート造一部2階建工場の配線図である。

この図に関する次の各聞いには4通りの答え(イ、ロ、ハ、ニ)が書いてある。

それぞれの問いに対して、答えを1つ選びなさい。

 

注意

  1. 屋内配線の工事は,動力回路及び特記のある場合を除き$600\mathrm{V}$ピニル絶縁ビニルシースケーブル平形(VVF)を用いたケーブル工事である。
  2. 屋内配線等の電線の本数、電線の太さ及び1階工場内の照明等の回路、その他、問いに直接関係のない部分等は省略又は簡略化しである。
  3. 漏電遮断器は、定格感度電流$30\mathrm{mA}$,動作時間$0.1$秒以内のものを使用している。
  4. 選択肢(答え)の写真にあるコンセント及び点滅器は、「JIS C 0303:2000 構内電気設備の配線用図記号」で示す「一般形」である。
  5. ジョイントボックスを経由する電線は、すべて接続箇所を設けている。
  6. 3路スイッチの記号「0」の端子には、電源側又は負荷側の電線を結線する。

 

 

問41

問題

⑪で示すジョイントボックス内の接続をすべて圧着接続とする場合、使用するリングスリーブの種類と必要最小個数の組合せで、適切なものは。

 

解説

⑪で示すジョイントボックスで、各々の開閉器までのCVケーブル3本が接続される。

 

1本のCV(架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル)の太さは$5.5\mathrm{mm^2}$であるから、$5.5\mathrm{mm^2}\times3=16.5\mathrm{mm^2}$となり、大スリーブ(断面積$14\mathrm{mm^2}$以上)が必要になる。

これが3ヶ所なので、大スリーブ3個が必要になる。

 

よって「ニ」が正解となる。

 

問42

問題

⑫で示すVVF用ジョイントボックス内の接続をすべて差込形コネクタとする場合、使用する差込形コネクタの種類と最少個数の組合せで、適切なものは。

ただし、使用する電線はすべてVVF1.6とする。

 

解説

3路スイッチ及び①⑫⑬箇所を含む回路の複線結線図を示す。

 

 

⑫のジョイントボックス接続部分は、複線図より2本用コネクタ3個と4本用コネクタ1個が接続される。

よって「ニ」が正解となる。

 

問43

問題

⑬で示す部分の配線工事に必要なケーブルは。

ただし、使用するケーブルの心線数は最少とする。

 

解説

問42解説の複線図より、⑬で示す部分で必要なケーブルは2芯のケーブル2本である。

よって「ハ」が正解となる。

 

問44

問題

⑭で示す部分の接続工事をリングスリーブで圧着接続した場合のリングスリーブの種類、個数及び刻印との組合せで、正しいものは。

ただし、使用する電線はすべてIV1.6とし、写真に示すリングスリーブ中央の〇、小、中は接続後の刻印を表す。

 

解説

⑭⑯の箇所を含む回路の複線結線図を示す。

 

 

⑭のジョイントボックス接続部分は、

  • $1.6\mathrm{mm}\times2$本が2箇所、「小」スリーブで刻印は「〇」。
  • $1.6\mathrm{mm}\times3$本が1箇所、「小」スリーブで刻印は「小」。

 

よって「ハ」が正解となる。

 

問45

問題

⑮に示す部分の工事において、使用されることのないものは。

 

解説

⑮で示す部分の工事はIV1.6(E19)である。

Eは「ねじなし電線管」のことであるから、ねじなし金属管の工事となる。

  • イはねじ切り器であり、不要である。
  • ロは金切り鋸で、金属管や太い電線を切断するために使用する。
  • ハは万力で、金属管を切断する際に、金属管を固定するために用いる。
  • ニはパイプベンダで、金属管を曲げるときに用いる。

 

よって「イ」が正解となる。

 

 

問46

問題

⑯で示す部分の配線を器具の裏面から見たものである。正しいものは。

ただし、電線の色別は、白色は電源からの接地側電線、黒色は電源からの非接地側電線、赤色は負荷に結線する電線とする。

 

解説

問44解説の複線図より、⑯で示す部分で器具の裏面を見たものは下記となる。

  • 白色は電源からの接地側電線
  • 黒色は電源からの非接地側電線
  • 赤色は負荷に結線する電線

 

よって「ハ」が正解となる。

 

問47

問題

⑰で示す部分の地中配線の工事において、使用する物として、不適切なものは。

 

解説

⑰で示す部分の地中配線の工事では、

  • イの危険表示のプレートは、地中埋設物と地表面の中間地点に埋設することで掘削などで巻き込み防止を促す役割があるため使用する
  • ロの FEP管(波付硬質合成樹脂管)は、地中埋設工事でも管路式にあたるため、使用する。
  • ハの CVケーブル(架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル)は使用する。
  • ニのねじなし金属管は使用しない。

よって「ニ」が正解となる。

 

表 地中埋設工事の主な知識

種別概要
直接埋設方式【埋設深さ】
1.2m以上(道路の真下など、車両等の重量物の圧力を受ける可能性がある場所)
0.6m以上(上記以外の場所)【ケーブル防護】
防護物(トラフ等)に格納する。
道路の真下など、車両等の重量物の圧力を受ける可能性がない場所では、頑丈な板やといでケーブルの上部を覆う。
管路式【ケーブル防護】
鉄管、鉄筋コンクリート管、強化プラスチック管など
暗渠式【格納する配線】
ケーブル(VVF・VVRケーブルなど)だけでなく電線、水道管、ガス管なども格納可能【ケーブル防護】暗渠(くうきょ)

※上記で、使用できるのはケーブル(VVFケーブル、VVRケーブル、EM-EEFケーブル、CVケーブルなどのケーブル)のみである。

 

問48

問題

⑱で示すジョイントボックス内の電線相互の接続作業に用いるものとして、不適切なものは。

 

解説

⑱で示すジョイントボックスでは、IV(直径$14\mathrm{mm}$)とCV(直径$14\mathrm{mm}$)を接続することになる。

  • イはケーブルカッタである。
  • ロはリングスリーブ用の圧着工具(手動油圧式圧着器)で、太い電線のため使用できない。
  • ハはナイフで、必要となる。
  • ニは油圧式圧着器で、必要となる。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

問49

問題

⑲で示す図記号の器具は。

 

解説

⑲で示す図記号は、電流計付開閉器である。

  • イは電流計の付いた開閉器で正しい。
  • ロは開閉器(カバー付ナイフスイッチ)である。
  • ハは三相の配線用遮断器である。
  • ニは交流電磁開閉器である。

 

よって「イ」が正解となる。

 

問50

問題

この配線図で、使用されているコンセントとその個数の組合せで、正しいものは。

 

解説

  • イはコンセントの傍記がETであるが,設置されていない。
  • ロは1 階工場の上方の中央左側にコンセント1個だけなので、正しい。
  • ハはコンセントの傍記が2Eであり、1個しかないので、2個は誤りである。
  • ニはコンセントの傍記がET,LK,WPであるが、1口のコンセントであり、1階工場の右中央にあるコンセントは2口なので該当しておらず設置されていない。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

電工二種DB

技能試験[sitecard subtitle=候補問題一覧 url="https://denki-no-shinzui.com/electrician/examination/"] 令和元年度上期 筆記試験[…]