第二種電気工事士筆記試験問題・解説【平成29年度下期 問11~20】

本記事では、第二種電気工事士筆記試験のうち「平成29年度下期 問11~20」について解説する。





問11

問題

アウトレットボックス(金属製)の使用方法として、不適切なものは。

イ.金属管工事で電線の引き入れを容易にするのに用いる。

ロ.配線用遮断器を集合して設置するのに用いる。

ハ.金属管工事で電線相互を接続する部分に用いる。

ニ.照明器具などを取り付ける部分で電線を引き出す場合に用いる。

 

解説

配線用遮断器を集合して設置するのに使用されるのは分電盤や配電盤であるので、アウトレットボックスは使用されない。

よって「ロ」が不適切となる。

 

問12

問題

組み合わせて使用する機器で、その組合せとして、明らかに誤っているものは。

イ.光電式自動点滅器と庭園灯

ロ.零相変流器と漏電警報器

ハ.ネオン変圧器と高圧水銀灯

ニ.スターデルタ始動器と一般用低圧三相かご形誘導電動機

 

解答

ネオン変圧器は、ネオン放電灯を点灯させるために使用される。

よって「ハ」が不適切となる。

 

問13

問題

三相誘導電動機が周波数$50\mathrm{Hz}$の電源で無負荷運転されている。

この電動機を周波数$60\mathrm{Hz}$の電源で無負荷運転した場合の回転の状態は。

イ.回転速度は変化しない。

ロ.回転しない。

ハ.回転速度が減少する。

ニ.回転速度が増加する。

 

解説

三相かご形誘導電動機の回転速度$N[\mathrm{min^{-1}}]$は、周波数を$f[\mathrm{Hz}]$,極数を$p$とすると、$\displaystyle{N=120f/p}$で表わされる。

上式より、回転速度$N$は周波数$f$に比例する。

電源の周波数が$50\mathrm{Hz}$から$60\mathrm{Hz}$に変わると、回転数は増加する

よって「ニ」が正解となる。

 

問14

問題

電気工事の種類と、その工事で使用する工具の組合せとして、適切なものは。

イ.金属管工事とリーマ

ロ.合成樹脂管工事とパイプベンダ

ハ.金属線ぴ工事とボルトクリッパ

ニ.バスダクト工事とガストーチランプ

 

解説

金属管工事において、リーマはクリックボールに取り付けて、金属管内側の面取りをするときに使用される。

よって「イ」が正解となる。

 

問15

問題

白熱電球と比較して、電球形LEDランプ(制御装置内蔵形)の特徴として、正しいものは。

イ.寿命が短い。

ロ.発光効率が高い(同じ明るさでは消費電力が少ない)。

ハ.価格が安い。

ニ.力率が高い。

 

解説

白熱電球と比較したときのLEDランプの主な特徴は、

  • 寿命が長い
  • 価格が高い
  • 発光効率が高い
  • 力率が低い

よって「ロ」が正解となる。

 

 

問16

問題

写真に示す工具の用途は。

 

イ.金属管切り口の面取りに使用する。

ロ.木柱の穴あけに使用する

ハ.鉄板、各種合金板の穴あけに使用する。

ニ.コンクリート壁の穴あけに使用する。

 

解説

写真で示す工具は、電動ドリルに取り付けて、金属板などに穴をあけるのに使用される。

よって「ハ」が正解となる。

 

問17

問題

写真に示す器具の〇で固まれた部分の名称は。

 

イ.漏電遮断器

ロ.電磁接触器

ハ.熱動継電器

ニ.漏電警報器

 

解説

写真で示す器具は、電磁接触器と熱動継電器を組み合わせた電磁開閉器である。

〇で囲まれた器具は、電磁接触器である。

 

よって「ロ」が正解となる。

 

問18

問題

写真に示す材料の用途は。

 

イ.PF管を支持するのに用いる。

ロ.照明器具を固定するのに用いる。

ハ.ケーブルを束線するのに用いる。

ニ.金属線ぴを支持するのに用いる。

 

解説

写真で示す材料は、PF管を造営材に取り付ける際に使用されるPF管サドルである。

よって「イ」が正解となる。

 

問19

問題

低圧屋内配線の図記号と、それに対する施工方法の組合せとして、誤っているものは。

イ.
厚鋼電線管で天井隠ぺい配線工事。

ロ.硬質塩化ピニル電線管で露出配線工事。

ハ.合成樹脂製可とう電線管で天井隠ぺい配線工事。

ニ.2種金属製可とう電線管で露出配線工事。

 

解説

「ロ」の図記号は、ねじなし電線管を使用した露出配線工事を表す。

よって「ロ」が誤っている。

 

問20

問題

単相$100\mathrm{V}$の屋内配線工事における絶縁電線相互の接続で、不適切なものは。

イ.絶縁電線の絶縁物と同等以上の絶縁効力のあるもので十分被覆した。

ロ.電線の引張強さが$15\%$減少した。

ハ.差込形コネクタによる終端接続で、ビニルテープによる絶縁は行わなかった。

ニ.電線の電気抵抗が$5\%$増加した。

 

解説

電線を接続するときの条件は、

  • 電気抵抗を増加させない
  • 電線の引張強さを$20\%$以上減少させない
  • リングスリーブや差込形コネクタによる接続、または、ろう付け(はんだ付けする)
  • 絶縁電線の絶縁物と同等以上の絶縁効力のあるもので十分に被覆する

上記より、「ニ」の「電気抵抗が5%増加した」は不適切である。

 

電工二種DB

技能試験[sitecard subtitle=候補問題一覧 url="https://denki-no-shinzui.com/electrician/examination/"] 筆記試験 令和元年[…]